FIBAバスケWC2019のイタリア代表メンバー注目選手・監督や順位を予想!

バスケットボールの参考画像

こんにちは。

20208月31日(土)よりFIBAバスケットボ-ルW杯2019男子が中国にて開催されます。

今大会より出場チ-ムが24チ-ムから32チ-ムに拡大されました。

その中でもイタリア代表は強豪国集まるヨーロッパ地区予選を8勝4敗の2位で通過し、3大会ぶり9回目の出場を決めています。

ヨーロッパ地区は優勝候補のアメリカと接戦が期待されるチ-ムが多くいます。その中でも勝利してW杯に出てきたので久しぶりの出場にはなりますが、イタリア代表には侮れない強さがありますね!

W杯では日本を除く、7チ-ムが東京オリンピックの出場権を獲得することができます。

今回はW杯上位を目指すイタリア代表について

  • FIBAバスケW杯2019!イタリア代表メンバーと注目選手は?
  • FIBAバスケW杯2019!イタリア代表者の監督について
  • FIBAバスケW杯2019!イタリア代表の順位を予想!

とFIBAバスケW杯2019イタリア代表について紹介します。

スポンサーリンク

FIBAバスケW杯2019!イタリア代表表メンバーと注目選手は?

イタリア代表はW杯ヨーロッパ地区予選12試合を総勢27名のメンバーで戦ってきました。

ベンチ登録のみで試合にでていない選手もいますが、主力が12試合フル出場しているという感じではなく、まだまだ余力があるような戦い方でした。

ここでは登録27名のメンバーと注目選手を紹介します。

FIBAバスケW杯2019!イタリア代表メンバー

  • #0:Amedeo Dellavalle 194㎝ PG
    #0:Daniel Hackett 199㎝ G
    #1:Nicolo Mannion 190㎝PG
    #4:Piefro Aradori 196㎝ SG
    #5:Alessandro Gentile 201㎝ PG
    #6:Paul Bitigha 200㎝ C
    #7:Luca Vitali 204㎝ PG
    #9:Nicoro Melli 205㎝ PF
    #10:Raphael Gaspardo 207㎝ F
    #12:Ariel Firroy 190㎝ PG
    #13:Simone Fontecohio 203㎝ F
    #14:Davide Pascolo 202㎝ F
    #15:Jeff Brooks 203㎝ F
    #15:Andrea Crosariol 213㎝ C
    #16:Amedeo Tessitori 208㎝ PF
    #17:Giampaolo Ricci 201㎝ SF
    #20:Andrea Clnclarini 190㎝ PG
    #21:Diego Flaccadori 194㎝ SG
    #23:Awudu Abass 200㎝ F
    #24:Riccardo Moraschini 193㎝ SG
    #27:Stefano Tonut 194cm G
    #31:Michele Vitali 196cm PG
    #32:Christian Burns 203cm PF
    #33:Achille Polonara 205cm F
    #37:Antonio Lannuzzi 208cm C
    #41:Brian Sacchetti 200cm F
    #70:Luigi Datome 202cm PF

イタリアは国内にプロリ-グがあるので選手レベルが全体的に高いです。

またNBA選手となった後で他国のプロリ-グへ移籍したり、イタリアのプロリ-グへ戻ってきている選手も多いので実力がある選手が多いと思います。

W杯予選12試合に出場した選手も3選手と少なく、まだまだフルメンバ-ではないかと感じました。

スポンサーリンク

FIBAバスケW杯2019!イタリア代表の注目選手は?

代表選手の中でW杯ヨーロッパ地区予選でも活躍した注目選手を紹介します。

#0:Amedeo Dellavalle(アメデオ・デラッヴィレ)

194cmの選手はPGとして8試合に出場しています。現在イタリア国内のプロリ-グでプレ-をしています。

出場試合だけ見るともっと出場しているPGがいますがアメデオ選手は1試合平均25.4分出場して17.8点、2.4リバウンド、2.0アシストを記録しています。

PGとしてはアシスト数が少ないですがその分、ガンガン得点を獲っていますね。

相手チ-ムにとっては守るのが難しい選手ですね!

 

#70:Luigi Datome(ルイ-ジ・ダトメ)

ルイージ選手はNBAのピストルズやセルティックスに所属していた実力者です。

現在はトルコリ-グでプレーしています。個人で受賞した賞も多数あり、リ-グチャンピオンやMVPも毎年獲得しています。

202cmの長身ですがスリ-ポイントも打てる上に相手マ-クとミスマッチがあればサイズを活かしたプレーをしてきます。

ヨーロッパ地区予選では2試合しか出場していませんが、平均26.5分の出場で16.0点、6.0リバウンドを記録しています。

W杯本番も活躍が見込めます。

スポンサーリンク

イタリア出身のNBA選手は?

W杯ヨーロッパ地区予選でイタリアはNBA選手が出場していません。

NBAに所属している選手は日程やチ-ム状況的に厳しいので各地区予選にでない場合が多いです。

しかしW杯本番は出場してくるのが濃厚です!イタリア出身のNBA選手で注目選手を2人挙げます。

 

Marco Belinelli(マルコ・ベリネリ)

NBAのフィラデルフィア・76ers に所属しています。

2014年にはサンアントニオ・スパ-ズにNBAチャンピオンも経験しています。

ピ-クは少し過ぎましたがイタリアで1番有名で活躍している選手と言えます。

196cmのシュ-ティングガ-ドで広範囲でスリ-ポイントが打てます。

相手がシュ-トを意識して間合いを詰めると優れたハンドリングでドリブル突破して味方を活かすプレ-につなげます。

これは守る側はマッチアップする選手もヘルプディフェンスする選手も大変になりますね。

 

Danilo Gallinari(ダニ-ロ・ガリナリ)

208cmでスモールフォワードのプレ-ヤ-のガリナリ選手は現在ロサンゼルス・クリッパーズに所属しています。

16才でプロデビュ-し、現在も活躍していますが腰や膝などケガに悩まされている選手でもあります。2014年からは大きなケガもなく現在に至り、リ-グ屈指のプレ-ヤ-になっています。

柔らかいシュ-トタッチ、パスセンス、体を活かしたドライブやリバウンドと魅力はたくさんあるのですが、まず208cmでスモールフォワードという時点でミスマッチが起こる可能性が高いので守る側としては非常に難しいですね。

シュ-トタッチによって好不調の波が激しい選手と言われています。

ぜひ強豪チームと対戦した時に好調の波を持ってきて波乱の基点となってもらいたいです。

スポンサーリンク

FIBAバスケW杯2019!イタリア代表者の監督について

ヨーロッパ地区予選を勝ち抜いたイタリア代表ですが、メンバー構成等はW杯本番までにまだまだ修正できそうです。

レベルアップも見込めますね!

そこで大事なポイントとなるイタリア代表の監督について調べてみました。

Romeo Sacchetti(ロメオ・サケッティ-)

ロメオ監督は2017年よりイタリア代表の監督をしています。

自身も選手として活躍して1992年までプレーをしています。

引退した翌年よりコ-チとしてのキャリアが始まり、これまでに10チ-ム以上のコ-チの経験があります。

また2016年にイタリアバスケットの殿堂入りを果たしています。すごいですね!

コ-チとしての特徴は把握できませんでしたが、イタリアの代表メンバーや試合のスコアを見ると平均身長が大きいことと200cmを越えながらもPGをしている選手が多いのがわかりました。

試合にでている選手5人が全員200cmオ-バ-なんてことも可能ですね!

ディフェンスにも重点を置いているようでロ-スコアだったり失点が少ない試合が多く見られます。

これはかなり強みになると思うのでW杯本番に向けて強化していくポイントとなる部分の1つですね。

またロメオ監督の息子は現在、イタリア代表の選手です。

 

#41:Brian Sacchetti(ブライアン・サケッティ-)

現在イタリアのプロリ-グに所属しています。

W杯ヨーロッパ地区予選では9試合に出場しています。

200cmのフォワードとして代表では2番手の選手ですが実際には平均16分程出場しています。

ポジション的にスタミナロス、ファ-ルトラブルが起きやすい所なので出番はどんどん増えますね!がんばってもらいたいです!

スポンサーリンク

FIBAバスケW杯2019!イタリア代表の順位を予想!

イタリア代表はW杯でDグループにいます。

世界ランク13位のイタリア代表ですがどのような組み合わせになっているのでしょうか?

まずDグループには

  • セルビア(世界ランク4位)
  • フィリピン(世界ランク31位)
  • アンゴラ(世界ランク39位)

がいます。

世界ランクから見てもイタリア代表はDグループの上位2つには入りそうですね!

次に勝ち上がるとC、D各ブロックの上位2つがJグループとなり、同グループ以外の2チ-ムと1試合ずつ対戦します。

Cグループ

  • スペイン(世界ランク2位)
  • プエルトリコ(世界ランク16位)
  • イラン(世界ランク27位)
  • チュニジア(世界ランク51位)

Cグループからはスペインとプエルトリコが勝ち上がってくると予想します。

イタリア代表がベスト8に進出するにはJグループでプエルトリコからの勝利が絶対条件となりそうです。
その他に

  • Dブロックでセルビアから勝利
  • Jグループでスペインから勝利

このどちらかが必要になります。

少し厳しい条件となりますが全くありえないわけではありません。実現すればイタリアが一気に台風の目となるでしょう!

私の予想ではイタリア代表はDグループを突破後、検討及ばずJグループで敗退すると思うのでベスト16と予想します。

スポンサーリンク

まとめ

FIBAバスケW杯2019イタリア代表について紹介しました。

イタリア代表は平均身長が高く、ディフェンスが強固ですね!身体能力や機動力は少し劣るかもしれませんが相手のミスマッチをうまくついて勝ち上がってもらいたいです。

W杯予選には出場していないNBA選手もいてまだまだ底を見せていない不気味さもあります。イタリア代表がW杯でどこまで勝ち上がるが注目していきましょう!

 

関連記事

スポンサーリンク