FIBAバスケWC2019のドミニカ共和国代表メンバー注目選手・監督や順位を予想!

バスケットボールの参考画像

こんにちは!

 

FIBAバスケWC2019のアメリカ地区からは、出場経験10回以上の常連国が多いなか、ドミニカ共和国代表が3回目の本戦出場を果たしました。

 

ドミニカ共和国は野球が盛んですが、2005年にプロリーグができるなど、近年バスケットボールも流行ってきている国です。

日本でも似た傾向がありますが、ドミニカ共和国では、街中の公園や広場などに、よくバスケのリングが設置されており、国民の多くに人気のあるスポーツとなっています。

代表選手や監督だけでなく、ドミニカ共和国の国民全体が、今回のFIBAバスケWC2019でのドミニカ共和国代表の活躍を楽しみに、熱を上げているのでしょうね!

 

そんな期待を背負うドミニカ共和国代表の戦士たちは、FIBAバスケWC2019でどのような戦いを見せてくれるのでしょうか!

 

FIBAバスケWC2019のドミニカ共和国代表について、

  • FIBAバスケWC2019!ドミニカ共和国代表メンバーと注目選手を紹介!
  • FIBAバスケWC2019!ドミニカ共和国代表の監督はどんな人?
  • FIBAバスケWC2019でドミニカ共和国代表の順位を予想!

と紹介していきますので、ぜひ最後までご覧くださいね!

スポンサーリンク

FIBAバスケWC2019!ドミニカ共和国代表メンバーと注目選手を紹介!

FIBAバスケWC本戦出場は3度目となるドミニカ共和国代表、今回はどのようなメンバーで戦うのでしょうか?

FIBAバスケWC2019のドミニカ共和国代表メンバー一覧

  • #02 RIGOBERTO MENDOZA(リゴベルト・メンドーザ)G
  • #04 GELVIS SOLANO(ゲルビス・ソラノ)PG
  • #05 VICTOR LIZ(ビクター・リズ)SG
  • #06 JUAN CORONADO(ホアン・コロナド)PG
  • #07 SADIEL ROJAS(サディエル・ロハス)SF
  • #09 JUAN MIGUEL SUERO(フアン・ミゲル・スエロ)SF
  • #11 ELOY VARGAS(エロイ・バルガス)C
  • #14 RONALD RAMON(ロナルド・ラモン)PG
  • #17 RONALD ROBERTS(ロナルド・ロバーツ)PF
  • #30 JHONATAN ARAUJO(ジョナサン・アラウージョ)C
  • #35 JUAN GUERRERO(フアン・ゲレーロ)SF
  • #41 JUAN GARCIA(ホアン・ガルシア)PF

FIBAバスケWC2019アフリカ予選のベネズエラ戦は、以上のメンバーで戦いました。

本戦でメンバーが変わる場合は、また追記しますね!

本戦メンバーが登録されました!

  • Eulis BAEZ(ユーリス・バエズ)F
  • Adris DE LEON(アドリス・デ・レオン)PG
  • Juan GARCIA(ホアン・ガルシア)PF
  • Victor LIZ(ビクター・リズ)SG
  • Rigoberto MENDOZA(リゴベルト・メンドーザ)G
  • Jean MONTERO(ジーン・モンテーロ)G
  • Luis MONTERO(ルイス・モンテーロ)G
  • Dagoberto PEÑA(ダゴベルト・ペーニャ)SG
  • Ronald RAMON(ロナルド・ラモン)PG
  • Ronald ROBERTS(ロナルド・ロバーツ)PF
  • Sadiel ROJAS(サディエル・ロハス)SF
  • Gelvis SOLANO(ゲルビス・ソラノ)PG
  • Juan Miguel SUERO(フアン・ミゲル・スエロ)SF
  • Eloy VARGAS(エロイ・バルガス)C

以上のメンバーが登録されています!

スポンサーリンク

FIBAバスケWC2019!ドミニカ共和国の注目選手!

https://twitter.com/JM8Ayala/status/1150958331546230784?s=20

サディエル・ロハス選手がFIBAバスケWC2019のドミニカ共和国代表では最も注目選手ではないでしょうか。

スモールフォワードとして、アフリカ予選でもスターティングメンバ―入りしています。

 

DリーグですがNBA選手としての経験もあり、現在はユーロリーグで活躍している選手ですね。

2014年の夏にスペインのプロバスケットチームであるムルシアと契約してからは、契約の延長、延長、また延長と、今も2020年まで延長契約しているほどの、期待溢れる注目選手です。

 

フアン・ミゲル・スエロ選手も注目選手の一人ですね!

身長191㎝のスモールフォワードながらリバウンドやゴール下でも活躍できます。

センター同士の肉弾戦のようなプレイは見たことがありませんが、高い跳躍力を上手く使って、高所での戦いならビッグマン相手にも引けを取らない選手です。

スポンサーリンク

FIBAバスケWC2019!ドミニカ共和国代表の監督はどんな人?

FIBAバスケWC2019でドミニカ共和国代表を指揮するのは、MELVYN LOPEZ(メルヴィン・ロペス)監督です。

元々は女子バスケットボールの監督としてキャリアをスタートしましたが、5年ほどで男子バスケットボールの監督となりました。

 

バスケットボールの男子と女子では、まるで違うスポーツかの様にプレイスタイルや面白いポイントが異なると思います。

ところが、ロペス監督は女子時代にも男子の監督となってからも、コーチオブザイヤーなどの輝かしい賞をたくさん受賞しています。

 

バスケットボールの監督を勤め始めたのが1994年ですが、そのわずか5年後には、スポーツ作家協会(ACD)でコーチオブザイヤー。

それから毎年のように何らかのコーチオブザイヤーを受賞し、2006年と2009年には異なるコーチオブザイヤーを複数受賞するなど、コーチ・監督としての受賞は当たり前の名監督です。

サンフランシスコやサンディエゴなど、バスケ大国アメリカでも受賞し、その実力は広く認められています。

 

世界的に活躍していますが国籍はドミニカ共和国なので、同じ国の選手たちと戦うFIBAバスケWC2019では、その手腕をこれまで以上に発揮できるのではないでしょうか!?

スポンサーリンク

FIBAバスケWC2019でドミニカ共和国代表の順位を予想!

ドミニカ共和国代表はFIBAバスケWCの常連国ではありませんが、FIBAランキングは18位と、比較的レベル高い国です。

FIBAバスケWC2019での順位は、10位前後を予想しています。

 

ドミニカ共和国代表は1次予選でグループGに入っており、同グループで格上なのはFIBAランキング3位のフランスだけです。

他には22位のドイツ49位のヨルダンしかないので、FIBAランキングだけで予想するとすれば2勝は確実、2次ラウンド進出は間違いありません。

 

問題は2次ラウンドでのIグループですね!

Iグループには、グループHから6位のリトアニア11位のオーストラリアが上がってくる可能性が高いと思います。

 

今の時点ではフランスに負けて2次ラウンド進出が予想なので、ドミニカ共和国代表が決勝トーナメントまで勝ち上がるには、Iグループでリトアニアオーストラリア両方に勝利することが条件となります。

 

どちらもランキングで言えばフランスほど強敵ではありませんが、2勝は難しい…決勝トーナメント進出は無いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

FIBAバスケWC2019のドミニカ共和国代表まとめ

FIBAバスケWC2019のドミニカ共和国代表について、

  • FIBAバスケWC2019!ドミニカ共和国代表メンバーと注目選手を紹介!
  • FIBAバスケWC2019!ドミニカ共和国代表の監督はどんな人?
  • FIBAバスケWC2019でドミニカ共和国代表の順位を予想!

と紹介してきました。

 

FIBAバスケWC2019ドミニカ共和国代表はどのような活躍を見せてくれるでしょうか!

サディエル選手はユーロリーグで毎回契約を延長されているほど期待の選手ですし、スエロ選手もスモールフォワードながら高所でも活躍できる注目選手です。

 

メルヴィン監督も数々のコーチオブザイヤーを受賞してきた名監督で、ドミニカ共和国代表自体もFIBAランキング18位と、比較的高レベルの国ですね。

FIBAランキングを頼りに予想するならば、2次ラウンド進出することは間違いありません。

 

問題は、激戦区であるグループHから上がってくるリトアニアとオーストラリア両方に勝利しなければ、決勝トーナメントには進出できないということです。

 

予想順位は10位ですが、頑張ってベスト8に入ってもらいたいところですね!

 

 

関連記事

スポンサーリンク