FIBAバスケワールドカップ2019の韓国代表メンバー注目選手・監督や順位を予想!

バスケットボールの参考画像

こんにちは!

FIBAバスケWC2019の各国代表選手には、30代後半の選手がちらほらいます。

年齢層では20代後半から30代前半が最も多いでしょうか。

 

ところが、韓国代表メンバーは20代が圧倒的に多く、30代は非常に少ないどころか、30代後半は1人もいません。

 

バスケットボールはハードなスポーツですから、ベテランがいなくても、若い力の方が勝利に貢献できるのでしょうか?

若さを誇る韓国代表がどこまで行けるのか、楽しみでなりません。

 

また、韓国にはプロバスケットボールリーグであるKBLがありますが、FIBAバスケWC2019の韓国代表選手の多くがKBLから選出されています。

 

若き力とプロの実力を兼ね備えた韓国代表メンバーは、FIBAバスケWC2019をどう戦うのでしょうか!

 

今回はFIBAバスケWC2019の韓国代表について、

  • FIBAバスケWC2019!韓国代表メンバーと注目選手は!?
  • FIBAバスケWC2019!韓国代表の監督はどんな人?
  • FIBAバスケWC2019で韓国代表の順位を予想!

と紹介していきますので、ぜひ最後までご覧くださいね!

スポンサーリンク

FIBAバスケWC2019!韓国代表メンバーと注目選手は!?

韓国バスケは2m超えのビッグマンが少ないイメージがあるかと思いますが、選手を調べてみたら数人の大型選手が韓国代表メンバーに入っていました。

180㎝代は少ないので、平均的には意外と小さくないチームですね!

FIBAバスケWC2019の韓国代表メンバーの一覧と、注目選手を紹介します。

FIBAバスケWC2019の韓国代表メンバー一覧

  • #01 CHAN-HEE PARK(パク・チャンヒ)SG
  • #02 JUNYONG CHOI(チェ・ジュニョン)SG
  • #03 JUNGHYUN LEE(イ・ジョンヒョン)SF
  • #06 HOON HEO(フン・ヘオ)SG
  • #09 UNG HEO(ホ・ウン)SF
  • #11 HEEJONG YANG(ヤン・ヒジョン)PF
  • #14 BUKYUNG CHOI(チェ・ブキョン)C
  • #15 JONGKYU KIM(キム・ジョンキュ)C
  • #17 JUNBEOM JEON(チョン・ジュンボム)PF
  • #20 RICARDO RATLIFFE(リカルド・ラトリフ)C
  • #30 KYUNGMIN DOO(キョンミン・ト)PG
  • #41 SEKEUN OH(オ・セグン)C

FIBAバスケWC2019アジア予選のニュージーランド戦は以上のメンバーで戦いました。

本戦でメンバーの変更がある場合は、また追記しますね!

本戦メンバーが登録されました!

  • Junyong CHOI(チェ・ジュニョン)F
  • Hoon HEO(フン・ヘオ)G
  • Hyogeun JEONG(チョン・ヒョグン)F
  • Sangjae KANG(カン・サンジュ)C
  • Jongkyu KIM(キム・ジョンキュ)C
  • Sunhyung KIM(キム・ソニョン)G
  • Daesung LEE(リー・デソン)G
  • Junghyun LEE(イ・ジョンヒョン)G
  • Seounghyun LEE(イ・スンヒョン)C
  • CHANHEE PARK(パク・チャンヒ)G
  • Guna RA(Ricardo Ratliffe:リカルド・ラトリフ)C
  • HEEJONG YANG(ヤン・ヒジョン)F

以上のメンバーが登録されています。

スポンサーリンク

FIBAバスケWC2019!韓国代表の注目選手!

FIBAバスケWC2019の韓国代表選手の中で特に注目選手は、#17ジュンボム選手#20リカルド選手でしょう!

https://twitter.com/FIBAWC/status/933656945801728000?s=20

#17チョン・ジュンボム選手は195㎝のパワーフォワードです。

パワーフォワードですが体格が細長く、見た目ではウェイトがありません…軽そうです。

ウェイトがないからか、いわゆる「センターやパワーフォワードのゴール下での競り合い」は多くありません。

しかし、長い手足を使ってまるで高校生のような速くしなやかな動きをする選手で、アジア予選では平均22得点、3アシストの大活躍を見せた選手です。

FIBAバスケWC2019でも、「新しいパワーフォワード」を見せてくれるのではないでしょうか。

 

#20リカルド・ラトリフ選手は、アメリカと韓国の国籍を持つ選手で、出身はアメリカです。

199㎝のセンターで、NBAこそ選出されませんでしたが、KBLではアメリカから選出された初めての選手なので、期待の選手ということは間違いないでしょう。

41点17リバウンドを記録したこともある点取り屋ですし、ゴール下でバスケットカウントを貰ってくることも多いので、直接得点に絡む注目選手です。

 

スポンサーリンク

FIBAバスケWC2019!韓国代表の監督はどんな人?

FIBAバスケWC2019で韓国代表を率いるのは、JAE HUR(ホ・ジェ)監督です。

 

ホ監督は元バスケットボール選手です。

バスケットボール世界選手権1990では、62得点を記録した伝説を持ち、韓国ではバスケットボールのカリスマバスケットボール大統領などと呼ばれた選手でした。

1人で62得点を挙げたのは、バスケットボール世界選手権でも史上初の出来事です。

 

また、1995年に韓国ソウルで行われた夏季オリンピックでの大舞台では、バスケットボールはおろか運動選手全体の代表として、選手宣誓をしました。

スポーツ選手という枠に収まりきらず、韓国国民共通の有名人といったところではないでしょうか。

 

選手引退をしたときには、伝説の選手としてその時のチームの背番号9番が永久欠番となっています。

選手引退をしたのは2004年ですが、翌年2005年には早速ヘッドコーチとして活動を始めました。

2016年には韓国代表チームの監督を任されるほど、選手としてだけでなく監督としても実力を認められている、正にバスケットボールのカリスマです。

 

ホ監督には、FIBAバスケWC2019でも伝説を作ってくれることを期待せずにはいられませんね!

スポンサーリンク

FIBAバスケWC2019で韓国代表メンバーの順位を予想!

FIBAバスケWC2019で韓国代表はどこまで行けるでしょうか。

予想順位は28位です。

 

1次ラウンドで韓国代表が入っているのはグループBです。

  • ロシア FIBAランキング10位
  • アルゼンチン FIBAランキング5位
  • 韓国 FIBAランキング32位
  • ナイジェリア FIBAランキング33位

 

以上のチームがグループBですが、2次ラウンドへ進出するには2勝しなければなりませんね。

ナイジェリアに勝利することは難しくないはずですが、FIBAランキングで考えると、もう1勝、ロシアかアルゼンチンに勝利するのは困難ではないでしょうか。

 

もちろんFIBAランキングだけでは決まりませんし、最後まで何が起こるか分からないのがバスケットボールですが、それにしても実力差がありすぎますね。

韓国代表の若さを、バスケットボールのカリスマ、ホ監督が最高の指揮で率いたとしても、体格・スピード・技術どれを取ってもロシアとアルゼンチンが圧倒的に格上です。

 

1次ラウンドで敗退するにしても順位をつけるとするならば、28位程度が妥当でしょう。

スポンサーリンク

FIBAバスケWC2019の韓国代表まとめ

今回はFIBAバスケWC2019の韓国代表について、

  • FIBAバスケWC2019!韓国代表メンバーと注目選手は!?
  • FIBAバスケWC2019!韓国代表の監督はどんな人?
  • FIBAバスケWC2019で韓国代表の順位を予想!

と紹介しました。

 

FIBAバスケWC2019での予想順位は、同じグループに強豪国が2か国もあることで、28位と下位を想定しました。

しかし、韓国代表には見て楽しめそうな要素がたくさん詰まっています!

 

パワーフォワードながら軽くしなやかな動きが美しいジュンボム選手や、アメリカ出身の期待の星、リカルド選手はどのようなプレイを見せてくれるでしょうか。

注目選手として挙げたのはこの2名ですが、韓国代表はKBLから選出されているメンバーが多いので、全体的なレベルも低くはないはずです。

 

また、バスケットボールのカリスマと呼ばれるホ監督が、格上相手にどのような采配を振るうのかも非常に気になるところですね!

 

2次ラウンド進出は難しいでしょうが、韓国代表のゲームが面白いことは間違いないでしょう!

 

 

関連記事

スポンサーリンク