【東京オリンピック】3×3バスケのアメリカ代表の注目選手や監督は?メンバーや順位も予想!

こんにちは!

バスケットボール大国と言えば、アメリカですよね!

国中に収まらず世界がNBAに注目し、世界大会でも数々の優勝を修め、バスケットボールは国民の誇りと言っても過言ではないのではないでしょうか。

 

東京オリンピック3×3バスケは、ランキング4位以内のチーム(国)は予選をスルーしての出場が約束されます。

しかし、あのアメリカが、3×3バスケの世界大会では5人制ほどの活躍はできていないため、予選を勝ち抜いての東京オリンピック本戦出場を目指すことになるかもしれないのです!

 

無事に東京オリンピックの3×3バスケに出場し、バスケットボール大国としての誇りを守ることはできるのでしょうか!

 

今回は3×3バスケのアメリカ代表について

  • 【東京オリンピック】3×3バスケのアメリカ代表の注目選手や監督は?
  • 【東京オリンピック】3×3バスケのアメリカ代表のメンバーを予想!
  • 【東京オリンピック】3×3バスケのアメリカ代表の順位を予想!

と紹介していきます。

ぜひ最後までご覧くださいね!

スポンサーリンク

【東京オリンピック】3×3バスケのアメリカ代表の注目選手や監督は?

アメリカには3×3バスケのプロリーグ、BIG3というものがあります。

3×3バスケでは世界大会で目立った成績を残せていませんが、プロリーグとして盛り上がっているところは、さすがバスケ大国と言ったところでしょう!

 

このBIG3で大変話題となった注目選手が、アレン・アイバーソン

元NBA選手でバスケットボールを7年前に引退しています。

ポイントガード・シューティングガードとしてオールスターゲームにも参戦、MVPも受賞するなど伝説の選手で、76ersの背番号#3は、アレン・アイバーソンのための永久欠番です。

そんな伝説の選手が3×3で復活するとして一躍注目選手となりましたが、2020年の夏には45歳なので、3×3アメリカ代表として東京オリンピックに来てくれる可能性は低いでしょう。

しかし、もしアレン・アイバーソンが代表入りしたら、間違いなく最も注目選手です!

 

東京オリンピック3×3バスケアメリカ代表監督はまだ決まっていませんが、3×3バスケは監督やコーチの概念も5人制バスケとは異なります。

アメリカ代表監督の予想として、注目選手として先述した、アレン・アイバーソンもアリではないでしょうか。

 

3×3バスケの監督やコーチは、個々のスキルや精神的支えのような役割を持ち、5人制バスケのようにコート横に立って常に支持を出しているようなものとは違う印象があります。

この辺りが、アレン・アイバーソンであればスキルに文句なし、精神的支えとされることも、本人の現役時代のガード経験、そして若い選手にとって伝説の選手でもあるので、申し分ないでしょう。

 

また、アメリカのバスケのコーチは比較的高齢なので、3×3バスケから若いコーチを起用していくのも良いことだと思います。

 

選手・監督どちらにしても、アレン・アイバーソン東京オリンピックに来てくれたら、非常に盛り上がりそうですね!

スポンサーリンク

【東京オリンピック】3×3バスケのアメリカ代表のメンバーを予想!

東京オリンピック3×3バスケアメリカ代表メンバーも、現在はまだ決まっていません。

 

しかし、2020に行われた3×3バスケワールドカップで活躍したメンバーに加え、U-23で活躍した選手が2020年の夏には24歳となるので、この辺りから東京オリンピック3×3バスケアメリカ代表を務めるかもしれませんね!

 

20203×3ワールドカップアメリカ代表メンバーは以下の通りです。

  • Canyon Barry(キャニオン・バリー、198㎝25歳)
  • Damon Huffman(デイモン・ハフマン、186㎝34歳)
  • Robbie Hummel(ロビー・ヒューメル、206㎝30歳)
  • Kareem Maddox(カリーム・マドックス、201㎝29歳)

そして、同大会U-23で活躍した、東京オリンピック2020の時には24歳となってしまう選手がこちら

  • David Payne(デビット・ペイン、196㎝)

以上の選手からアメリカ代表が決まるとしたら、キャニオン・バリーロビー・ヒューメルカリーム・マドックスデビット・ペインの4名になると予想しています。

 

デイモン・ハフマンも非常に上手な選手ですが、スピードと切り替えが早い3×3バスケでは、高さ・若さでデビット・ペインを起用した方が、勝ち上がるためには良いチームとなるでしょう。

 

スポンサーリンク

【東京オリンピック】3×3バスケのアメリカ代表の順位を予想!

20205月の国別ランキングは、男子1位がセルビア、女子1位が中国でした。

この時アメリカは、男子が8位、女子が33位と「バスケットボール大国アメリカ」「最強アメリカ」とは思えない順位に甘んじていました。

 

東京オリンピック20203×3バスケへ出場するには、同ランキング4位以内に入る、又は予選を勝ち抜いて予選順位4位以内に入る、この計8カ国に入るしかありません。

アメリカと言えども、3×3の世界では今のところ東京オリンピック本戦に出場できるかどうかも、決まっていないのですね!

 

しかし現在(202010月14日)のランキングでは、男子1位が変わらずセルビア、女子はロシアになっています。

そしてアメリカは、男子が5位、女子が19位と、猛烈な勢いで順位を上げているのです。

 

バスケットボール大国の意地でしょうか、予選をしなくてもランキング4位枠で出場できそうな勢いですね!

 

この勢いで本戦出場、勝ち抜いていくとしたら、男子のメダルは獲得できるのではないでしょうか。

東京オリンピック3×3バスケの出場枠は8チーム(8カ国)なので、3分の1に入るだけでメダル獲得となります。

 

セルビアやロシアに苦戦するとしても、3位入賞はできると思います!

スポンサーリンク

【東京オリンピック】3×3バスケのアメリカ代表まとめ

今回は3×3バスケのアメリカ代表について

  • 【東京オリンピック】3×3バスケのアメリカ代表の注目選手や監督は?
  • 【東京オリンピック】3×3バスケのアメリカ代表のメンバーを予想!
  • 【東京オリンピック】3×3バスケのアメリカ代表の順位を予想!

と紹介しました。

 

3×3バスケにおいてアメリカ代表としては、アレン・アイバーソンが最も注目選手としましたが、もうすぐ45歳となるので、選手として東京オリンピック2020に来る可能性は極めて低いと言えそうです。

ただ、3×3バスケアメリカ代表監督・コーチとして起用されることはあるかもしれませんね!

 

東京オリンピックにおける3×3バスケアメリカ代表選手は、

  • キャニオン・バリー
  • ロビー・ヒューメル
  • カリーム・マドックス
  • デビット・ペイン

を予想しています。

 

現在のところランキング4位以内に入っていないアメリカ代表は、東京オリンピック本戦出場なるかもまだ決まっていませんが、以上のメンバーで勝ち抜いていくことができれば、メダル獲得の期待を裏切ることはないでしょう!

スポンサーリンク