ラグビーワールドカップのアルゼンチン代表メンバー注目選手や監督は?順位予想や対戦日程も

ラグビーに関する参考画像

こんにちは!

 

前回のラグビーワールドカップでアルゼンチンは4位でしたね。

この結果を意外に思われた方が多い印象です。

日本人には、アルゼンチンにラグビーのイメージがあまりないようですね。

メッシとかマラドーナはサッカーですし。

 

しかし、以前の記事で紹介したとおり、アルゼンチンは「ティア1」と呼ばれるグループに区分されます。

れっきとした強豪国ですね。

 

今回は、ラグビーワールドカップ2019アルゼンチン代表メンバー注目選手や監督、対戦日程を紹介し、順位予想もしていきます。

スポンサーリンク

ラグビーワールドカップ2019アルゼンチン代表メンバーの注目選手は?

ラグビーアルゼンチン代表は、メキメキと力をつけて、今ではワールドカップ優勝を狙えるチームです。

 

1970年代から、フォワードが強いという評価はありました。

しかし、ラグビーワールドカップでは苦戦をし、第1回から3大会連続でプール最下位だったのです。

はじめから強豪というわけではなかったのですね。

 

転機が訪れたのは、1990年代に、代表クラスの選手がヨーロッパのクラブとプロ契約を結ぶようになってからです。

15人制ラグビーのプロ解禁(1995年)と同じ時期ですね。

ヨーロッパ流の洗練されたスタイルのラグビーをアルゼンチン代表に還元するようになり、アルゼンチン代表は上昇します。

ラグビーワールドカップ第4回大会(1999年)で初のベスト8、第6回(2007年)には3位にまで上り詰めました。

 

アルゼンチンのラグビー協会は、さらに代表を強化するために、さらに次の手を打ちます。

それは、南半球のビッグ3、ニュージーランド、オーストラリア、南アフリカとの試合を増やすこと。

横綱・大関とぶつかり稽古をして、強くなるようなものですね。

 

その願いがかなえられ、2012年より南半球4か国による対抗戦「ザラグビーチャンピオンシップ」に参戦することとなりました。

毎年ビッグ3とホームアンドアウエーで、合計6試合もガチの勝負ができるのです。

 

さらに2016年から、スーパーラグビーに参戦しました。

スーパーラグビーは、南半球の強豪クラブが集まる世界屈指のラグビーのリーグ戦です。

同じ年に、日本のサンウルブズも参入しましたが、日本とアルゼンチンは同じ強化策を持っていました。

 

それは、代表チーム丸ごとのスーパーラグビー挑戦。

サンウルブズに日本代表の選手を集めるように、アルゼンチン代表メンバーを1つのチームに集約させたのです。

 

ちなみに、アルゼンチンはスペイン語圏なので、

代表チーム → ロスプーマス (los pumas)

スーパーラグビーのチーム → ハガレス (jaguares)

というと、通っぽくてオススメです。別にジャガーズでも問題ないですけどね。

 

日本のサンウルブズは、ジャパンラグビートップリーグとの掛け持ちが難しく、2020年でスーパーラグビーから撤退という残念なニュースがありましたね。

世界レベルのラグビーを体感できる貴重な場だったのでもったいないです。

 

一方ジャガーズ(ハガレス)は、スーパーラグビーでの強化に大きく成功しましたね。

初年度である2016年は、4勝11敗と大きく負け越しました。

しかし、2020は、11勝5敗でレギュラーシーズン2位(レギュレーションが変わったので、シーズンの試合数が違います)。

プレーオフのトーナメントも決勝進出です。

 

こうしてアルゼンチンのラグビーは大いに発展したわけですね。

7月からはザラグビーチャンピオンシップが始まり、チームの仕上がり具合が確認できます。

そして9月には、ラグビーワールドカップ日本大会。

非常に楽しみですね!!

スポンサーリンク

パブロ・マテーラ選手

 

ハガレスとロスプーマスでは、フランカー(バックロー)のポジションにつきます。

25歳で、すでに代表50キャップを超えました。

最近では、両方のチームでゲームキャプテンも務めることがありますね。

 

18歳で南アフリカでプレー(パンパスXV)、若くして海外に出ました。

2013年、20歳でレスタータイガース(イングランド)と契約します。

ハガレス立ち上げとともに、アルゼンチンに呼び戻されました。

 

ニコラス・サンチェス選手

 

前にも触れた通り、アルゼンチン代表の選手はスーパーラグビーのジャガーズに集められました。

しかし、彼だけは特例で海外でプレーしています

2011年よりフランスに渡り、現在はスタッドフランスに所属していますね。

 

ロスプーマス不動の10番で、世界最高レベルのスタンドオフと評されます。

プーマスの絶対的なキッカーで、アルゼンチン代表の得点記録を更新中です。

前回のラグビーワールドカップでは、あのディエゴ・マラドーナ氏が祖国の応援に訪れ、同じ背番号10のサンチェス選手のキックを絶賛していましたね。

スポンサーリンク

ラグビーワールドカップ2019アルゼンチン代表の監督を紹介!!

監督 マリオ・レデスマ

 

元ロスプーマスで、2007年のラグビーワールドカップに出場しました。

現役時代はフッカーとして、クレルモンオーベルニュなどフランスで10年プレー経験があります。

 

引退後はフランスとオーストラリアでコーチ経験を積んでいます。

前回ワールドカップでは、オーストラリアのコーチとしてファイナリストとなっていますね。

2018年に、ジャガーズの監督となりました。

しかし、プーマスの監督が辞任してしまったので、同年8月にその後釜となりました。

スポンサーリンク

ラグビーワールドカップ2019アルゼンチン代表の対戦日程は?

アルゼンチン代表の、プールCの対戦日程は以下の通りです。

アルゼンチン(世界ランク 10位)
9月21日(土) フランス(世界ランク 8位) 東京スタジアム
9月28日(土) トンガ(世界ランク 13位) 東大阪市花園ラグビー場
10月5日(土) イングランド(世界ランク 4位) 東京スタジアム
10月9日(水) アメリカ(世界ランク 15位) 熊谷ラグビー場

かなり戦いやすい日程になりましたね。

 

最後のアメリカ戦だけ中3日ですが、あとは1週間おきです。

しかも、花園でトンガ戦以外は3つが関東圏。

さらに、世界ランクでいうと、上位→下位→上位→下位との対戦。

ちょうどいい並びではないでしょうか。

 

プールC突破のためには、東京スタジアムでの2試合が重要です。

その2試合に集中できる日程といえますね。

スポンサーリンク

ラグビーワールドカップ2019アルゼンチン代表の順位予想は?

アルゼンチン代表の、プールCの勝敗予想は以下の通りです。

  • フランス戦  勝ち
  • トンガ    勝ち
  • イングランド 勝ち
  • アメリカ   勝ち

やってしまった・・・。

第3ポットからの1位通過予想。

もちろんしっかり考えて(ちょっとは面白さを加味して)、この結論を出しました!!

 

まずはフランス

世界ランクで8位と10位の対戦、一見おもしろそうなカードですね。

フランスはヨーロッパの4番手をスコットランドと争います。

アルゼンチンも、南半球では4番手です。

同じ4番手ですが、前回のワールドカップを思い出してください。

ベスト4を南半球で独占、アルゼンチンは4位でしたね。

南半球優位は4年たっても変わらないとみます。だからアルゼンチンの勝ちです。

 

トンガアメリカだって、簡単な相手ではありません。

トップグループに「一発入れる」力があります。

特にアメリカ戦は、イングランド戦の4日後です。もしや?も考えましたね。

しかし、今のアルゼンチンの勢いを止めるのは、難しいと判断しました。

トンガとアメリカも勝ちとします。

 

1つ飛ばしましたが、やはりイングランド戦は悩みますね。

そりゃあゆうてもラグビーの祖国ですし、ワールドカップ優勝国ですから。

ただ、今のイングランドをあまり高く評価してないんですよね~。

ウェールズやアイルランドの次、ヨーロッパ3番手とみています。

一方アルゼンチンのいる南半球は、ニュージーランドは別格として、アルゼンチンは4番手といっても、オーストラリアと南アフリカとも差のない4番手です。

むしろ、今年のスーパーラグビーを見た限り、2番手に浮上したと考えてもいいです。

そうです、アルゼンチン勝ちの予想です!!

 

以上が、アルゼンチンがプールCを4戦全勝で1位通過するという根拠です。

以降、決勝トーナメントを予想していきますね。

 

プールCを1位通過した場合、プールDの2位との対戦となります。

プールDは、

  • オーストラリア
  • ウェールズ
  • ジョージア
  • フィジー
  • ウルグアイ

の5チームです。

詳しい予想は、これらの国々の記事で紹介しますが、プールDの2位にはフィジーを抜擢しました。大胆でしょ?

 

フィジーは、リオデジャネイロオリンピックの7人制ラグビーで、金メダルを獲得しましたね。

プレースタイルを簡単に言うと、「フォワードみたいなデッカい男達が走り回る」というイメージです。

好き勝手されると怖いですが、これをアルゼンチンのディフェンスは止められると予想します。

今のロスプーマスはプレーが組織立っています。集団ならばフィジーのランニングは防げます。

アルゼンチンが勝ちますね。準決勝進出です。

 

準決勝は、プールBの1位対プールAの2位の対戦の勝者と当たります。

予想はニュージーランド対日本です。残念ながらニュージーランドになりますね。

ロスプーマスがオールブラックスを倒す姿を個人的には見たいです。

しかし、今大会はオールブラックスが大会3連覇をすると予想しています。

そうなると、ニュージーランドにアルゼンチンは及ばないことになります。次は3位決定戦ですね。

 

勝ち上がりは省略しますが、3位決定戦の相手はウェールズと予想します。

これはいい勝負です。どちらもラグビーワールドカップに向けて、去年今年と調子を上げてきましたから。

ここで判断材料としたのは、南半球の試合数です。

ヨーロッパ勢は2018-19シーズンを終え、これからはラグビーワールドカップ日本大会に集中します。

対して南半球4か国は、ワールドカップ前に、ザラグビーチャンピオンシップ2019を戦います。

スーパーラグビー → ザラグビーチャンピオンシップ → ラグビーワールドカップ日本大会 という2020は、試合数としては多すぎやしませんか?

アルゼンチンの選手層は、ベストメンバーなら優勝を狙えるレベルです。

しかし、控えまではどうでしょうか。同じ力のチームを2チーム持つまではいっていないと考えます。

よってウェールズの勝ちアルゼンチンは3位決定戦を負けて4位の予想です。

でも2大会連続4位ってうらやましいですよね。

スポンサーリンク

ラグビーワールドカップ2019を観戦するならDAZNで!

DAZNでラグビーワールドカップ2019の動画が配信されております。

Bリーグの動画配信参考画像

ラグビーワールドカップ2019を観戦することが出来ますし、もし見逃してしまってもそちらで楽しむことが可能です。

登録をスマホさえあれば簡単に出来ますので、その日のうちからラグビーワールドカップ2019を楽しめますよ☆

 

忘れずにこのように↓↓

DAZNのスポーツ動画観戦に関する参考画像

番組表があるので配信をチェックしましょう!

 

登録方法に関してはこちらの記事で解説していますので、参考にし登録を進めてくださいね↓↓

関連記事⇒DAZNの登録方法や解約方法を解説!!

 

そしてDAZNを楽しみたい場合、

”初回1ヶ月無料”

でラグビーワールドカップ2019を観戦することも可能です。

 

今回は見逃したくない一戦だ!と思う場合はその期間に登録して、以降解約するのも全然ありだし無料で楽しむことが出来ます。

ただラグビーワールドカップ2019はこれからも続きますし、登録して全試合見続けるのもありですね!

 

私の場合通勤が長距離で、仕事の移動も電車を使います。そこでイヤホンをしながらラグビーワールドカップ2019を観戦していて非常に助かっています。

おぉ!とちょっと声出しそうになって恥ずかしかった時もありましたね。笑

 

DAZNの料金など詳細はこちらをご確認ください↓↓

月額料金 ドコモユーザー:980円他ユーザー:1780円
無料期間 初回1ヶ月間無料
お支払い方法 ・クレジットカード(VISA, Master Card, JCB, American Express)
・コンビニエンスストア 「DAZNチケット」
・DAZNプリペイドカード
・Jリーグ「DAZN年間視聴パス」
・TSUTAYAプリペイドカード
・Apple (iTunes経由)、Amazon IAP (アプリ内課金)
・PayPal (ペイパル)
利用可能端末 PC/タブレット/スマホ/TV/ゲーム機最大6デバイス、同時に2デバイスまで同時使用可能

利用端末も多く、同時に2つのデバイスを使うことが出来ます。

 

現在は無料期間も初回1ヶ月ついているので、まずはどんなサービスなのか試してみてみると良いかと思います。

しかしいつまで初回1ヶ月無料キャンペーンが続くかわかりません。ある日突然無くなってしまうこともありますし…。

 

なので試せるものは試せるうちに!今無料のうちに試してラグビーワールドカップ2019を観戦してくださいね!

 

こちらのDAZNからラグビーワールドカップ2019の動画を観戦しましょう↓↓

まとめ

今回は、

  • ラグビーワールドカップ2019アルゼンチン代表メンバーの注目選手
  • ラグビーワールドカップ2019アルゼンチン代表の監督
  • ラグビーワールドカップ2019アルゼンチン代表の対戦日程
  • ラグビーワールドカップ2019アルゼンチン代表の順位予想

を紹介しました。

 

日本のサンウルブズが2016年にスーパーラグビーに参戦を始めて、最初に勝利を挙げた相手はアルゼンチンのジャガーズでした。

この2チームで、リーグ最下位争いをする有様でした。

 

しかし、3年後の今年は大きな差がついてしまいました。

ジャガーズは15チーム中2位、サンウルブズはわずか2勝しただけの最下位でした。

 

サンウルブズは2020年をもってスーパーラグビーを撤退、今シーズンは店じまいの準備をしているかのようでした。

サンウルブズで懸命に楽しみ戦っている選手が気の毒でしょうがなかったですね。

 

しかし、サンウルブズがもし継続できたなら、という想像をジャガーズでできるかもしれません。

もしラグビーワールドカップで優勝までしたらと考えると、なんだかワクワクしてきませんか?

そんなことを頭に入れてロスプーマスを追いかけてみると、違った見方ができますよ。

 

関連記事

スポンサーリンク