ラグビーワールドカップのウルグアイ代表メンバー注目選手や監督は?順位予想や対戦日程も

ラグビーに関する参考画像

こんにちは!

 

ウルグアイは、南米ではアルゼンチンに次ぐラグビーの実力を持ちます。

しかし、南米はラグビーに関してはまだまだこれからです。

 

ラグビーワールドカップには、「南米予選」というものはありません。

北米と合わせた「アメリカ地区予選」というものになります。

 

まず、アメリカカナダの勝者、アメリカがアメリカ地区第1代表となりました。(ややこしいな・・・)

負けたカナダと、シードのアルゼンチン以外で南米最上位のウルグアイが第2代表の座を争ったわけです。

これにウルグアイが勝って、アメリカ地区第2代表としてワールドカップ出場を決めたということですね。

 

これでウルグアイは、ラグビーワールドカップ4回目の出場となります。

今回は、そのウルグアイ代表メンバー注目選手や監督、対戦日程を紹介し、順位予想もしていきます。

スポンサーリンク

ラグビーワールドカップ2019ウルグアイ代表メンバーの注目選手は?

ウルグアイとラグビーでまず思い浮かんだのが、映画「生きてこそ」です。

1993年のアメリカの映画で、実話をもとにしたストーリーです。

 

1972年、ウルグアイのラグビーチームを乗せたチャーター機がチリに向かう途中、アンデス山中に墜落しました。

捜索は難航し、救助活動が途中で打ち切られましたが、72日後に16名の生存者が救助されたという話です。

 

人間の尊厳と生き残ることとの板挟みなど、とにかく考えさせられる映画でした。

ラグビーのシーンはないですけど、見て損はないですよ。

 

ラグビーを題材とした映画は少ないですが、他には

  • インビクタス 負けざる者たち・・・第3回ラグビーワールドカップが題材、南アフリカの初優勝と人種問題を扱ったこれも実話
  • スクールウォーズ HERO・・・主演は照英さん、テレビドラマのリメイク版

などがありますね。

 

ドラマだと、日曜日に池井戸潤さん原作の「ノーサイド・ゲーム」が放送されていますね。

古いところだと、「青春とはなんだ」「ゆうひが丘の総理大臣」などですか。

アニメでは「ALL OUT!!」や7/30からの「トライナイツ」があります。

 

ラグビーワールドカップまで待ちきれない方は是非。

今はレンタルとか配信とかあって便利ですね。

 

ファン・マヌエル・ガミナラ選手

 

ウルグアイ代表のキャプテンです。

身長は175センチと、フォワードとしては小柄の部類ですね。

フランカー(バックロー)に入り、スクラムを後方から支えます。

 

2015年のラグビーワールドカップに出場しました。

その大会前に行われた、日本代表とのテストマッチにも出場していますね。

結果は40-0で日本がウルグアイを完封し、日本はその後のワールドカップへ弾みをつけたのでした。

 

フェリペ・ベルケシ選手

 

フランス2部のダックスに所属する、28歳の選手です。

ポジションはスタンドオフ(フライハーフ)ウルグアイ代表の司令塔を務めています。

キックも任されていて、ウルグアイ代表の最多得点記録を現在更新中ですね。

7人制ラグビーウルグアイ代表の経験もあります。

 

彼も2015年のラグビーワールドカップに出場していますね。

ケガを抱えながらも、キックでウルグアイの得点源になっていました。

スポンサーリンク

ラグビーワールドカップ2019ウルグアイ代表の監督を紹介!!

監督 エステバン・メネセス

 

アルゼンチン出身の監督です。

現役時代は、イタリアなどでプレー経験がありますね。

 

引退後は、ラプラタなどアルゼンチン国内で監督を務めています。

2015年のラグビーワールドカップ後に、ウルグアイ代表の監督に招かれました。

スポンサーリンク

ラグビーワールドカップ2019ウルグアイ代表の対戦日程は?

ウルグアイの、プールDの対戦日程は以下の通りです。

ウルグアイ(世界ランク 19位)
9月25日(水) フィジー(世界ランク 9位) 釜石鵜住居復興スタジアム
9月29日(日) ジョージア(世界ランク 12位) 熊谷ラグビー場
10月5日(土) オーストラリア(世界ランク 6位) 大分スポーツ公園総合競技場
10月13日(日) ウェールズ(世界ランク 2位) 熊本県民総合運動公園陸上競技場

厳しいと言わざるをえませんね。

 

5チームのプールなので1チームだけ初戦が遅くなりますが、ウルグアイがそれに当たってしまいました。

序盤では、5日間で2試合です。

チーム力を考えると、そこで2連勝は現実的ではないですね。

 

残りの九州での2戦が、オーストラリアとウェールズ。

どちらも優勝候補です。これも難しい。

 

プール4戦で、どこかで1つ勝てれば御の字です。

まずはジョージア戦での勝利を目指すべきですね。

スポンサーリンク

ラグビーワールドカップ2019ウルグアイ代表の順位予想は?

ウルグアイの、プールDの勝敗予想は以下の通りです。

  • フィジー戦   負け
  • ジョージア   負け
  • オーストラリア 負け
  • ウェールズ   負け

ウルグアイは、このプールの中では世界ランクが少し劣ります。苦戦必至ですね。

 

初戦の相手となるフィジーは、先にオーストラリア戦を終えて、しかも勝っています。(※もちろん予想です。)

中3日でウルグアイとの試合になりますが、ここで2つのことが考えられますね。

強豪を倒した高揚感が勝るか、強豪を相手した疲労感が残るか?

まだ2戦目ですからね。前者が勝るとみてウルグアイは負けです。

 

次のジョージア戦で、1勝を狙いたいです。

しかし、中3日の試合はキツいですね。

ジョージアは中5日(9/23・ウェールズ戦)、日程が違っていたら予想はもっと悩んでいました。

ジョージア有利で、ウルグアイ負けです。

 

残った2つがまた強すぎる。

優勝2回のオーストラリアに、今年のシックスネーションズ(欧州6か国対抗)を制したウェールズ

勝つには10年早いと思いますね。

ちょっと悪口っぽくなりましたが、それだけラグビーでは番狂わせが難しいということです。負け×2です。

 

ウルグアイは、残念ながらプールDで4連敗の予想となりました。

スポンサーリンク

ラグビーワールドカップ2019を観戦するならDAZNで!

DAZNでラグビーワールドカップ2019の動画が配信されております。

Bリーグの動画配信参考画像

ラグビーワールドカップ2019を観戦することが出来ますし、もし見逃してしまってもそちらで楽しむことが可能です。

登録をスマホさえあれば簡単に出来ますので、その日のうちからラグビーワールドカップ2019を楽しめますよ☆

 

忘れずにこのように↓↓

DAZNのスポーツ動画観戦に関する参考画像

番組表があるので配信をチェックしましょう!

 

登録方法に関してはこちらの記事で解説していますので、参考にし登録を進めてくださいね↓↓

関連記事⇒DAZNの登録方法や解約方法を解説!!

 

そしてDAZNを楽しみたい場合、

”初回1ヶ月無料”

でラグビーワールドカップ2019を観戦することも可能です。

 

今回は見逃したくない一戦だ!と思う場合はその期間に登録して、以降解約するのも全然ありだし無料で楽しむことが出来ます。

ただラグビーワールドカップ2019はこれからも続きますし、登録して全試合見続けるのもありですね!

 

私の場合通勤が長距離で、仕事の移動も電車を使います。そこでイヤホンをしながらラグビーワールドカップ2019を観戦していて非常に助かっています。

おぉ!とちょっと声出しそうになって恥ずかしかった時もありましたね。笑

 

DAZNの料金など詳細はこちらをご確認ください↓↓

月額料金 ドコモユーザー:980円他ユーザー:1780円
無料期間 初回1ヶ月間無料
お支払い方法 ・クレジットカード(VISA, Master Card, JCB, American Express)
・コンビニエンスストア 「DAZNチケット」
・DAZNプリペイドカード
・Jリーグ「DAZN年間視聴パス」
・TSUTAYAプリペイドカード
・Apple (iTunes経由)、Amazon IAP (アプリ内課金)
・PayPal (ペイパル)
利用可能端末 PC/タブレット/スマホ/TV/ゲーム機最大6デバイス、同時に2デバイスまで同時使用可能

利用端末も多く、同時に2つのデバイスを使うことが出来ます。

 

現在は無料期間も初回1ヶ月ついているので、まずはどんなサービスなのか試してみてみると良いかと思います。

しかしいつまで初回1ヶ月無料キャンペーンが続くかわかりません。ある日突然無くなってしまうこともありますし…。

 

なので試せるものは試せるうちに!今無料のうちに試してラグビーワールドカップ2019を観戦してくださいね!

 

こちらのDAZNからラグビーワールドカップ2019の動画を観戦しましょう↓↓

まとめ

今回は、

  • ラグビーワールドカップ2019ウルグアイ代表メンバーの注目選手
  • ラグビーワールドカップ2019ウルグアイ代表の監督
  • ラグビーワールドカップ2019ウルグアイ代表の対戦日程
  • ラグビーワールドカップ2019ウルグアイ代表の順位予想

を紹介しました。

 

冒頭でも書きましたが、南米はラグビーの世界ではまだまだ発展途上です。

しかし近年のアルゼンチンの台頭をみると、大きな伸びしろがありますね。

工夫次第でいくらでも強くなれる、ということです。

ただし、ラグビー界全体で一致団結しなければいけませんが。

 

プールD第5ポットのウルグアイをもって、ラグビーワールドカップ2019日本大会の、出場20か国の紹介が出そろいました。

まだ全部読まれていなければ、すべて読んでいただけたらとてもうれしいです。

優勝候補から本大会1勝を狙うチームまで、それぞれチーム事情が違います。

その違いをわかった上でラグビーワールドカップの試合を見ると、何倍も楽しめますよ!!

 

関連記事

スポンサーリンク