堀江翔太の経歴プロフィール!プレースタイルや戦績・所属チームはどこ?

こんにちは!

 

ラグビー日本代表で、1人変な髪型をしている選手がいます。

そう、堀江翔太選手です。

 

見た目からして、かなり個性的です。

さらにプレーでも興味をそそられる、とても面白い選手ですね。

ですが、ただ面白いだけではありません。

キャプテンシーもある、とても頼りになる選手です。

 

今回は、堀江翔太選手のプレースタイルや戦績、所属チームなどの経歴・プロフィールを紹介します。

スポンサーリンク

堀江翔太選手の経歴プロフィール・所属チームを紹介!!

 

幼い頃から大学時代まで

堀江翔太(ほりえ しょうた)選手は、大阪府吹田市の出身です。

ラグビーは小学校5年生の時に、地元の吹田ラグビースクールで始めました。

それまでは、サッカーをしていたそうです。

Jリーグが立ち上がって間もない頃だったので、そのブームに乗っかったのですね。

しかし、「周りがカッコつけが多くてノリが合わない」と理由で辞めてしまいました。

スカした子供ですね~。

 

中学に上がってからもスクールでラグビーを続けていましたが、中学にラグビー部はありませんでした。

しかしスクールが休みの時も体を動かしたいと思い、バスケットボール部に入ります

そこでもかなり有望だったようで、1年生からレギュラーでした。

運動神経がいいと、何やらせてもうまくいくんですね。

 

高校は、島本高校に進学しています。

ラグビーの強豪からバスケでの推薦まで、とりわけ私立の強豪校から引く手あまたでした。

しかし堀江選手は、あえて府立の高校でチャレンジする道を選んだのです。

 

高校のラグビー部の監督だった先生の勧めもあり、帝京大学に進学します。

そこで堀江選手は4年生の時にキャプテンとなり、のちに大学選手権を9連覇するチームの礎となりました。

当時はまだフッカーではなく、同じフォワードでも3列目に入っていましたね。

 

 

社会人になってから現在まで

帝京大学を卒業後、ニュージーランドのカンタベリーアカデミーでラグビー留学をします

そこで堀江選手は、ポジションを現在のフッカーに転向することになりました。

現地のコーチが、堀江選手の体格がフッカー向きだとして勧めたのです。

確かに左右の手でデカい男2人を抱えますからね。肩関節の可動域とかで適性があります。

 

トップリーグでは、2008年に三洋電機ワイルドナイツに加入します。

会社合併で、パナソニックワイルドナイツとチーム名は変わっていますが、所属はずっと同じになります。

 

日本代表には、2009年に初めて選ばれました。

ラグビーワールドカップには、すでに2011、15年の2度出場しています。

特に2015年は、フォワードのリーダーとして日本代表のまとめ役となりました。

南アフリカ戦の試合終了後に、バックスのリーダーだった五郎丸選手と喜びを分かち合う姿が印象的でしたね。

 

スーパーラグビーのデビューは、2013年のレベルズで迎えました。

日本人のフォワードでは初めてのスーパーラグビーです。

レベルズでは2シーズン過ごしましたが、首のケガで2015年の契約を辞退しました。

 

翌年になって、スーパーラグビーの舞台に復帰します。

2016年から参戦する、サンウルブズの初代キャプテンとして帰ってきました。

以来4シーズン、サンウルブズの中心選手として活躍を続けます。

2015年を除くと、2013年からはスーパーラグビーとトップリーグを掛け持ちしていたわけですね。

大変だなあ。

 

ちなみにあの髪型は、奥様が全部編んだのだと堀江選手がテレビで言っていました。

しかも奥様は美容師とかでなく、YouTubeを見て真似たとのこと。

いや、そんな暇があったらと思いましたが、スクラムの時に相手チームがドレッドを嫌がるんですってね。

確かに。

 

インスタグラムの公式アカウントをチェックしましたが、ユニフォーム姿はほとんどありませんでしたね。

弁当の写真多いなーと思ったら、好きな食べ物は「崎陽軒」とチームのホームページに載っていました。

崎陽軒だと好きな食べ物ではなく、好きな建もn・・・やめときましょう。

スポンサーリンク

堀江翔太選手の戦績を紹介!!

島本高校の時は、府大会で決勝まで行きましたが敗れました

花園には選手として行けませんでした。

しかし同じ大阪なので、得点係として運営を手伝ったそうです。

 

帝京大学では、大学選手権でベスト4まで進出しました。

帝京大学が黄金時代を迎えるのは、もう少し後の世代のことです。

 

ワイルドナイツでは、3連覇を含む4度の優勝に貢献しています。

リーグ戦のMVPを2回、ベストフィフティーンは7回も受賞していますね。

 

スーパーラグビーでは、レベルズとサンウルブズの2チームに在籍経験があります。

チームの順位は、残念ながらどちらももう一つでした。

しかし、出場数は2チーム合わせて45試合は立派です。

 

日本代表には、8月のアメリカ戦で61試合目の出場となりました。

これで日本代表の、歴代出場試合数のトップ10に入ったことになります。

フッカーでは史上最多ですね。

 

ラグビーワールドカップは2回出場しています。

2011年は、3試合に出場しました。

2015年の前回大会は、4試合すべて先発出場でしたね。

堀江翔太選手のプレースタイルは?

堀江選手の特徴を簡単に説明するとこうです。

「フォワードしかも1列目なのにやたら器用で上手い」

 

元々バックローだったのと、運動神経が抜群というのが理由ですね。

フォワードなのに、とてもテクニカルなプレーをこなします。

フォワード、フッカーとしてのプレーもクオリティが高いです。

さらにランも速い、パスも出す、時にはキックまで披露します。

フッカーはフォワードの中でも器用な選手が多いですが、そこまでやる選手は記憶にありません。

 

2015年のラグビーワールドカップ、南アフリカ戦のことです。

前半9分過ぎ、堀江選手にパスが回ってきましたが、目の前には南アフリカの大型ロックのマットフィールド選手。

これをかわすのに堀江選手がとったプレーは、なんとバックフリップパス。

背面からパスを出して、味方にボールをつないだのです。

このプレーを見た観客は沸き、その後に続く「日本がんばれ」のムードを盛り上げたのでした。

この頃の堀江選手、まだ髪型フツーだったな・・・。

まとめ

今回は、

  • 堀越翔太選手の経歴・プロフィールや所属チーム
  • 堀江翔太選手の戦績
  • 堀江翔太選手のプレースタイル

を紹介しました。

 

趣味はギターや沖縄の三線を弾くことです。

どこまで器用なのでしょう。うらやましい。

その器用さが、日本代表のプレーの幅を広げているわけですね。

 

フォワードのリーダーとして、頼りになる選手です。

さらに、いろいろな引き出しを持っています。

堀江選手の3度目のラグビーワールドカップは、一体私たちに何を見せてくれるのでしょうか?

楽しみですね。

スポンサーリンク