稲垣啓太の経歴プロフィール!プレースタイルや戦績・所属チームはどこ?

こんにちは!

 

最近テレビを見ると、ラグビー日本代表の選手が出演しているのを見かけます。

中でも、バラエティ番組でよくイジられている選手がいますね。

稲垣啓太選手です。

 

あの顔でオシャレさんで、女性人気はかなりなものです。

・・・失礼いたしました。

 

今回は、稲垣啓太選手のプレースタイルや戦績・所属チームなど経歴プロフィールを紹介します。

スポンサーリンク

稲垣啓太選手の経歴プロフィール・所属チームを紹介!!

 

幼い頃から大学時代まで

稲垣啓太(いながき けいた)選手は、新潟県新潟市秋葉区(旧新津市)出身です。

出生時ですでに4,000グラム近くありました。

 

3人兄弟で、兄2人がいる末っ子です。

特に下のお兄様に影響を受けて、14歳からラグビーを始めています。

それまでは、野球をやっていました。

当時すでに120キロを超える巨体でキャッチャー。

ホームに滑り込みたくないですね。

 

高校は、新潟県の花園常連校である新潟工業です。

お兄様と同じですね。

当時からスクワットで300キロをマークし、「県内に敵なし」と恐れられた選手でした。

ケンカしてたら絶対負けなかっただろうな・・・。

しかしラグビー部の監督さんから「世界に出ればお前は大きくない」と言われ、低いタックルなどを叩き込まれたのです。

「派手なプレーは捨てて脇役になれと、地味な仕事の大切さを教えられました。

それが今の活躍につながっているわけですね。

 

高校を卒業して、関東学院大学に進学します。

あの小泉進次郎衆議院議員もOBですね。

ラグビー部は、かつて6度の大学日本一に輝いた名門です。

稲垣選手は、4年生の時にキャプテンとなりました。

 

 

社会人になってから現在まで

2013年に、パナソニックワイルドナイツとプロ契約を結びます。

すると、そのシーズンの開幕戦にスタメン起用されました。

以来パナソニックの背番号1(左プロップの先発)は、ずっと稲垣選手のものですね。

 

2014年11月15日のルーマニア戦で、日本代表として初めての試合を迎えます。

後半途中からの出場となりましたが、見事勝利に貢献しました。

以来、日本代表の常連ですね。

 

2015年は、稲垣選手にとっていろいろなことがあった年です。

年頭には、スーパーラグビーのレベルズ(オーストラリア)に加入しました。

そしてこの年のラグビーワールドカップの日本代表に選ばれ、日本代表の大躍進に一役買ったのは言うまでもないでしょう。

さらに年末には、サンウルブズと契約していますね。

 

ところで稲垣選手は、ラグビー界のファッションリーダーと目されています。

確かに公式プロフィールには、「趣味:ファッション」とあります。

彼のインスタグラムを見ると、私服姿の写真が多いです。

でも、食べ物とかも多いんですよね~。

そこらへんがやはり、ラガーマンらしいですよね。

実際、かなりの大食漢ですし。

稲垣啓太選手の戦績を紹介!!

新潟工業高校時代は、花園に2度出場しています。

高校日本代表にも選ばれていますね。

 

関東学院大学は、かつての大学ラグビーの強豪です。

しかし稲垣選手が主将を務めた年度に、リーグ戦の2部落ちを喫することになりました。

それ以来関東学院大学は1部と2部を行き来し、それを気に掛ける稲垣選手が母校を何度も訪れています。

 

パナソニックワイルドナイツに加入したシーズンに、トップリーグ新人王とベストフィフティーンをダブルで受賞しています。

それ以来、6シーズン連続のベストフィフティーンは見事ですね。

その間、チームはトップリーグ3連覇、日本選手権に2度優勝しています。

 

スーパーラグビーでは、レベルズとサンウルブズの2チームに所属経験があります。

しかし、レベルズでは1試合しか出られませんでした。

サンウルブズでは24試合に出場し、チームの主力となっていますね。

 

日本代表では、8月までに28試合に出場しています。

2015年のラグビーワールドカップでは、4試合すべてに出場しました。

南アフリカ戦以外はすべて先発です。

今年の日本代表では同じポジションの選手にケガが多く、貴重な戦力なのは間違いないですね。

稲垣啓太選手のプレースタイルは?

稲垣選手の仕事場は、スクラム最前列の左側にあります。

相手チームとスクラムを組む時に片側の肩だけで組む、とても職人的なポジションです。

なので、ルースヘッドプロップとか、単にプロップ1とか呼ばれますね。

 

現代のラグビー、とりわけ日本代表の選手に求められるのは運動量です。

フォワードの選手も例外ではありません。

タックルを仕掛けて、また次の動作に入る。

逆にタックルされても、すぐに立ち上がる。

これを4年前の日本代表は徹底したので、あの大活躍があったわけですね。

 

稲垣選手も、運動量では定評があります。

2013-14シーズンのトップリーグ。

彼にとってはルーキーイヤーでしたが、タックル数は148回で、これはチームで最多でした。

1つの試合で、なんと30回を記録する試合もありました。

これはトップリーグ新人王も納得ですね。

地味な仕事を黙々とこなす、というのが稲垣選手のプレースタイルです。

まとめ

今回は、

  • 稲垣啓太選手の経歴プロフィールや所属チーム
  • 稲垣啓太選手の戦績
  • 稲垣啓太選手のプレースタイル

を紹介しました。

 

レビのバラエティでは、あまり笑わないキャラをいじられています。

確かに無愛想に見えますね。

 

しかし内面は義理堅いところがあり、今年母校の新潟工業のグラウンドに天然の芝生を寄贈しています。

インスタには笹団子屋の写真があったりと、郷土愛強めです。

 

試合中とか、あまり笑ってなくてもいいじゃないですか。

試合に勝って笑えばいいんです。

そんな稲垣選手、ラグビーワールドカップ日本大会で見たくないですか?

スポンサーリンク