トンプソンルークの経歴プロフィール!プレースタイルや戦績・所属チームはどこ?

こんにちは!

 

今回のラグビーワールドカップで、日本代表最年長出場記録が期待されている選手がいます。

そう、トンプソンルーク選手ですね。

 

トンプソン選手は現在38歳。

ラグビー界では、すでに大ベテランの部類に入りますね。

もし2020の大会も出場すると、4回目のワールドカップとなります。

 

今回は、トンプソンルーク選手のプレースタイルや戦績、所属チームなどの経歴プロフィールを紹介します。

スポンサーリンク

トンプソンルーク選手の経歴プロフィール・所属チームを紹介!!

 

幼い頃から来日するまで

トンプソンルーク選手は、ニュージーランドのクライストチャーチ出身です。

あっ、リーチマイケル選手と一緒だ!!

 

実家は牧場で、弟さんは競馬の騎手です。

といっても馬に直接乗るジョッキーではなく、馬車を操縦する人とのことですね。

妹さんは、ネットボールという競技のニュージーランド代表になりました。

ネットボール?---知らん。

調べたら、7人制のバスケっぽい競技です。それなら「YOUは何しに日本へ?」で見たかも。

 

お父様が元ラグビーの州代表で、ラグビーをやる遺伝子は備わっていたのです。

しかしルーク少年は、サッカーや13人制ラグビー、バスケットボールに夢中でした。

 

15人制ラグビーを本格的に始めたのは、13歳になってからのことです。

ニュージーランドではとても遅い方ですね。

しかし遺伝子の力は偉大で、すぐに年代別の州代表に選ばれました。

 

ニュージーランドの高校・大学を出て、スーパーラグビーの1つカテゴリーが下のリーグでプレーします。

そこからスーパーラグビーやオールブラックスを目指すのが、ニュージーランドのラグビー選手の王道です。

しかし、なかなかチャンスをつかめません。

 

そこでトンプソン選手は、出場機会を求めて日本へ行くことにしました。

2年くらい日本でプレーをして、そこからオールブラックス入りへとつなぐつもりだったのです。

 

 

来日してから現在まで

2004年に、三洋電機ワイルドナイツ(現パナソニック)に入団します。

しかし、当時ニュージーランド国籍のトンプソン選手は、外国人枠の関係で出場機会が限られました。

そして、残念ながら2年で戦力外となったのです。

 

そんな彼を、近鉄ライナーズが救いました。

2006年に、チームの一員として迎え入れたのです。

以来、ずっと近鉄でプレーすることになります。

 

2007年、トンプソン選手は日本に3年間続けて居住したことで、チャンスがやってきました。

日本代表としてプレー出来る要件を満たしたのです。

この年に代表デビューを果たすと、同じ年のラグビーワールドカップ2007メンバーに選ばれました。

オールブラックス入りは出来ませんでしたが、ワールドカップ出場が叶ったわけですね。

しかも、2011、15年大会も出場したのです。

 

2015年のラグビーワールドカップ終了後に、代表引退を表明しました。

しかし2年後、ジョセフ監督の要請で、アイルランド戦の1試合限定の代表復帰を果たします。

同じポジションの選手が次々とケガで戦線離脱したため、トンプソン選手に白羽の矢が立ったのです。

 

さらに2020には、サンウルブズのメンバーに呼ばれました。

37歳にして、スーパーラグビーでのデビュー。ホントすごい。

 

そして7月からのパシフィックネーションズカップで、またもトンプソン選手が代表に招集されました。

2年前同様、ケガ人続出の日本代表を救うためです。

カッコいいぜ!!

 

2010年に日本国籍を取得しました。

大阪に10年以上住み、今では英語と大阪弁のバイリンガルです。

自宅から練習場まで自転車、いやチャリンコで通います。

みんなから「トモさん」と呼ばれて、今ではすっかり東大阪のおっちゃんですね。

トンプソンルーク選手の戦績を紹介!!

近鉄ライナーズでは、出場100試合を超えました。

トップリーグ全体でも外国出身で100キャップ達成者は少ないので、素晴らしい記録です。

チームは、2011-12シーズンで最高5位を記録しました。

しかし2017-18シーズンでトップリーグ陥落となり、現在はトップチャレンジで昇格を狙います。

 

サンウルブズでは、2020に8試合出場しました。

チームは苦戦しましたが、37歳でのスーパーラグビーデビューは特筆すべきことですね。

 

日本代表での試合出場は、8月で66試合となりました。

キャップ数歴代7位、外国出身では最多記録です。

ワールドカップには3回出場し、4回目となると日本代表では3人目となりますね。

特に2015年大会は、全4試合でスタメン出場しました。

トンプソンルーク選手のプレースタイルは?

トンプソン選手は、日本代表ではロックとして出場します。

このフォワード2列目のポジションは長身の選手が入り、ラインアウトではジャンパーとなりますね。

他国より体格が劣る日本代表で、196センチのトンプソン選手は貴重な存在です。

 

それよりも、トンプソン選手といえば「仕事人」のイメージです。

攻守にわたり、ボールを奪い合う場面で数多く顔を出します。

 

8月3日のトンガ戦で先発出場し、日本代表の最年長出場記録を更新しました。

しかも38歳のトンプソン選手は、この試合で80分フル出場したのです。

さらにタックル数はチーム最多で、11回中すべて成功。

モールやラックに加わるサポート数も、19回でこれもチーム最多でした。

「僕もうおじいちゃんだから・・・」とインタビューで謙遜しますが、そんなタフなおじいちゃんいません(笑)。

最年長がこうして体を張り続けるのですから、みんなサボれなくなるわけですね。

まとめ

今回は、

  • トンプソンルーク選手の経歴プロフィールや所属チーム
  • トンプソンルーク選手の戦績
  • トンプソンルーク選手のプレースタイル

を紹介しました。

 

2015年のラグビーワールドカップ南アフリカ戦。

3点ビハインドの場面で、ペナルティゴールで引き分けて良しとするか、トライを狙って勝負するか?

選択を迫られる状況で、トンプソン選手はこう言いました。

「歴史変えるの誰よ?」

これで日本代表はトライを狙い、見事に逆転勝利しました。

エディー・ジョーンズ監督は、ペナルティゴールを蹴る指示を無視されて激ギレしたそうですね。

でも勝って喜んでいたからいいんです。

 

あれから4年、また歴史を変える時が来ました。

男気あふれるトンプソン選手のプレーに期待しましょう!!

スポンサーリンク