【水泳】クロールをキレイなストリームラインやフォームにする練習方法は?上手くなるコツも

水泳に関する参考画像

こんにちは!

 

体育の水泳授業中、やたらに腕を動かして泳いでいた男子がいませんでしたか?

娘の体育の授業参観の時何人か見かけました。

以前スイミングスクールに通っていた事があったお子さんだと思いますが、泳ぎがすっかり変わってしまったなと思ってしまいました。

 

でも無理に動かす事なくキレイに泳げるように目指しませんか?

そこで今回は、

  • 【水泳】クロールをキレイなストリームラインやフォームにする練習方法
  • 【水泳】クロールが上手くなるコツ

について解説していきます。

ある程度スイミングスクールに通った方は、クロールを普通に泳げます。ジムで通っている方達はフォームがキレイですよね。長く続けられる趣味として出来るスポーツです!

スポンサーリンク

[水泳]クロールをキレイなフォームにする練習方法は?

今回はクロールで美しくキレイな泳ぎを考えてみましょう。

クロールだけではなく、全ての泳ぎの基本はけのびだと思います。

美しいけのびからのストリームラインが出来れば、必然的に楽に速く、美しく泳げるようになります。

今さらと思ってしまいますが、このフォームが重要なポイントだと思います。

 

姿勢と同じで、フォームが崩れずに泳げれば、たとえゆっくり泳いでも優雅にキレイに見えないでしょうか?

ジムなどのプールで泳いでいる方は、リズムよく、力まず、マイペースでゆっくりと泳いでいます。

スッーと進んだ泳ぎが出来ると、見た目はとてもキレイですよね。

まずは、ストリームラインの練習方法と重要性を紹介します!もう一度基本に戻っておさらいしましょう

クロールのきれいなストリームラインの練習方法

ストリームラインとは、けのびで作るラインの事です。

腕で頭を挟み込むようにして、あごを引いて力をぬきます。

この時、体のラインは水面と平行になるようにする動作の事です。

後頭部から足の先までが平行でまっすぐなイメージですね。

伸ばした両腕が耳の後ろあたりで軽く触れるようにします。

お尻に意識して、お腹はへこませるようにします。平行な姿勢を維持しましょう。

キレイなストリームラインが出来れば、壁を蹴ってターンした直後けのびでかなりの距離を進むことが出来ますよ!

きれいなストリームラインのコツ

まず頭はなかにしっかり入れます。(前を向いたり、頭を上に出さないようにします)

身体が沈んではいけないので足が沈んだり、膝が曲がらないように意識しましょう。

 

続いて余計な力はいらないです。力まずにすれば、自然と体は浮きます。

 

そして美しいラインが出来るようになったら、今度は壁を蹴ってけのびで5m進んでみましょう。

キレイなラインが出来れば、7mくらいまで進んでしまうと思います。

進みが悪いかも?と感じたなら、姿勢が崩れていると考えられます。

他の人に確認してもらいましょう!

ストリームラインがしっかり習得されている方は、美しく、キレイに泳いでいる証拠です。重要性が理解出来たでしょうか?

 

腕のかきかたやリカバリーなどは人それぞれだと思います。

今までいろいろなコーチから教えを聞いていると思うので、ほぼ泳ぎは出来ているはずです。今回は初心に戻って参考程度に読んでいただけたら嬉しいです。

スポンサーリンク

クロールの息継ぎやストロークからリカバリーの練習方法

続いて息継ぎやストロークについて解説していきます。

息継ぎの練習方法

息継ぎをマスターすれば、苦しい顔にならずキレイに泳げます。

息はしっかりと吐きます。

吐くことを意識すれば、自然と体は酸素が必要な状態となり、吸う事が出来ます。

鼻と口の両方から同時に吐きましょう!

最初は顔を横に向けるだけで呼吸し体の、軸がブレなくなれば体を横に向けて呼吸をしましょう。

ストロークからリカバリーの練習方法

フィニッシュの勢いを利用し、出来るだけ遠くにエントリーします。

リカバリーは肘を曲げたリカバリーと伸ばしたリカバリーがありますが、自分にとって楽なやり方で行って下さい。

片手がリカバリーしている時、もう片方の手は水中にあります。

ローリングがきちんと出来ていれば、エントリーをする場所がわかります。

外側すぎても、内側すぎても体の軸がブレてしまい、水の抵抗が大きくなってしまう原因になるので、気を付けて泳いで下さい。

クロールで力まずリラックスして泳ぐ練習方法と体幹トレーニング

肩や体全体に力が入ってしまうと、体が反ってしまいます。

すると体が沈み、水平が保てなくなりますし肩周りは特に力が入りやすいので、気を付けて下さい。

 

クロールは肩周りの筋肉(僧帽筋な三角筋)と体幹が重要です。

 

補強トレーニングで鍛えましょう!腰に負担がかからないように腹筋や背筋の筋肉トレーニング、ストレッチを行って下さい。

柔軟性のある筋肉を目指し、ゆったりとした動作で行いましょう。

水中で常にバランスをとり、正しい姿勢を保つには筋肉が必要です。憧れる選手の泳ぎをマネするのもいいと思います。

種目は違いますが、北島康介さんのストリームラインはキレイですよ!泳ぎの強さがわかります。ぜひ、自然にキレイなフォームを習得しましょう!

まとめ

今回は、

  • 【水泳】クロールをキレイなストリームラインやフォームにする練習方法
  • 【水泳】クロールが上手くなるコツ

について解説しました。

わたしはスッーと前に進んで泳いでいるクロールは見ててあきません。

もちろん選手の力強い泳ぎも好きですが、マイペースでリズム良く、ゆっくり泳いでいる方の姿は完成しているなと感心して見てしまいます。

タイムばかり気にして、速く泳ぐ事を子供に希望してしまった時期もありますが、今はこれからの長い趣味として、健康のための運動として生かして欲しいなと思うようになりました。

全身運動なので、速く泳ぐ事がキレイではないと思います。

 

苦手だなと思う動作をもう一度練習すれば、ずっと泳いでいられると思います。

また、タイムに挑戦したくなったら、その時の年齢でマスター大会に出場するのもいいと思います。年配の方が話をしている時と泳いでいる姿にギャップがすごいです笑。優雅にキレイに泳ぎましょう!

 

 

スポンサーリンク