サッカーでパスカットされる原因や理由は?オフサイドやポジションに注意!

サッカーの参考画像

こんにちは!

 

AFCアジアカップも面白くなってますね。私もこの時期、唯一地上波で放送されるサッカーでもあり楽しんでます!

個人的にはタイ代表も応援していましたが、中国に負けてしまいました‥残念です。失点の原因はパスカット。日本代表も失点の要因に良くなります。

 

今回は注意喚起の意味を込めて、

”サッカーでパスカットされる原因”

についてご紹介していきますね!

スポンサーリンク

サッカーでパスカットされる原因

サッカーでパスカットされてしまうと失点につながるので、出来る限り避けなければなりませんよね。

ではなぜパスカットされてしまうのでしょうか?原因を探ってみました。

失点に絡むパスミス、パスカット!

サッカーの試合を見ているとよくあります。一度もパスを失敗しないチームなんて見たことがありません。

世界最高のパスサッカーで有名であったバルセロナも必ずミスはあります。

 

世界的スター選手であったプラティニ氏も「サッカーはミスのスポーツ」 と話していることから失ミスは付き物です。

でも、失点には繋がりたくないですよね。でも自分のプレーからチームが負けてしまうと気分は悪くなりますし、試合中だと次のプレーへいいアイデアが出なくなりますよね。負の循環の始まりになってしまうこともあります!

テレフォンパスをしない!

原因の一つとして考えられるのは、パスコースを読まれていることですね。

私はGKの他にも様々なポジションをやってきましたが、相手が素直なパスを出してくれるほどありがたいものはないです笑

 

パスカットしただけでも守備は成功ですからね。相手にばればれなパス(テレフォンパスはしないように)攻撃時にボールロストすることはなによりも怖くなくてはなりません。そこだけはもっとこわがってプレーして下さい!

逆に意地悪な人ほど、マッチアップはしたくないもの。

 

アイフェイントやボディフェイント、ドリブルがある選手などは読みづらいですよね。

一回重心を崩されると足も伸びなくなりますし、ちょっとしたフェイントや小技を使うだけでパス成功率はぐんと上がります。

 

試合のたびに何回フェイントをかけるか決めて試合に臨むとフェイントのタイミングが良くなります。

Jリーグでも、パスを出す前にフェイントをかける場面はよくあります。参考になると思うのでサッカーの試合は良く見てください。

スポンサーリンク

サッカーのパスカットはオフサイドとポジショニングにも注意!

前述したのは出しての原因ですが、受けてに原因があることも多いです。

相手がマークしているなかでパスをもらってもすぐロストなんてこともよく見ます!こんなプレーをつづけていたら味方からパスをもらえなくなりますので要注意です!

 

せっかくのチャンスもオフサイドポジションにいては意味がなくなります。100が0になってしまう瞬間ですね…。

オフサイドフラッグが上がった瞬間のファンの落胆ぶりは想像を絶します。私も何度、声をあげたことか。汗

 

ラインブレイクを狙うのはいいですが結構な高等技術です。

しっかりと研究してからやりましょう。また、オフサイドポジションにいるだけで味方は一人少ない状況となってしまいます。どう考えてもパスコースも少なくなりますし、不利になりますよね。

 

戦術によっても動きは変わりますが、キープして相手の隙をつくパスで展開することは何があっても変わることはないです。

よく周りを見ることも大事です。相手の苦手とするところ、逆に自分たちが苦手とすることを分かるためにも周りを見てほしい!暗い表情をしている選手にパスを供給することは勧めることができません 。

 

簡単そうに見えるテクニックですが、やってみると難しい。でも誰かがやらなきゃいけない役割でもあります。重要性はかなり高いポジションですね。

アマチュアのうちはカウンターサッカーが多く、あまりパスをすることは少ないチームも存在します。ですが、パスの可能性は無限大。通り出すときもちいいものです。

パスカットされないパス回しとは?

パス回しが多いチームを見てみると、オフザボール(ボールを保持してない時)の動きが激しいか的確です。

素晴らしいテクニックも持っていても出してだけではどうしようもできない場面はあります!

 

そんな時に自分から動いてスペースをつくったり、貰いに行ってみたりちょっとだけ頭を使ってみてください。

ボールを触れなくても味方は楽になります。一人はみんなのためにみんなは一人のために。パス回しとは最高のチームプレー、受けても出してもできるチームの核になるとサッカー観は変わるはず!

 

そして、パスが繋がるチームは外から見ていると選手が相当楽しげな表情を浮かべてます。

楽しくプレーをすることはサッカーにとってすごく大事ですよ。

一瞬の閃きやとんでもないスーパープレーに繋がることもよくあります。笑顔をつくりだすプレーこそチームをより明るくてしますし、観客も見ていて楽しい物です。

 

すぐに上手くなるものではないのがパス。どのテクニックよりも深く、習得難度はかなり高いです。

しかし、マスターすることに成功した時、名門高校やプロへの道が開ける必須テクニックの一つでもあります。サボらず、意味を持ったパスを出して下さい。後は経験を積めば世界的プレーヤーになることも夢ではない!

まとめ

今回は注意喚起の意味を込めて、

”サッカーでパスカットされる原因”

についてご紹介していきました。

 

どれだけ失敗しても前向きにいきましょう。それが自分で考えたものであるなら尚更です。

何も考えずにした失敗はよくないですが‥。

 

その後もプレー時間があることは大半。失敗を挽回する程の活躍をすればいいだけです。下を向くことなく常に前をみていましょう!

 

スポンサーリンク