【2019年2月】Jリーグの大会日程や組み合わせは?順位予想やリーグも徹底解説!

サッカーの参考画像

2月から熱い週末が待ってます!

 

22日から2019明治安田生命j1リーグが開幕!

今年は移籍も激しく世界的選手の加入もありました。今から待ち遠しくて堪りませんよね!

 

そこで今回は、

”20202月のJリーグの大会日程や組み合わせ・順位予想”

について紹介していこうと思います!!

 

第1節のみですが、注目の対戦カードがあります!みなさんも自分の予想と見比べてくださいね!

スポンサーリンク

【20202月】Jリーグの大会日程や組み合わせ

今季も昨年に続きフライデーマッチがあります。今季最初のカードも金曜開催となりました。平日開催ではありますが、いきなりの好カード、仕組んだのではと思えるほどの因縁対決です!

2月開幕Jリーグ注目のカード!早速因縁対決も!

開幕戦は他のチームよりも1日早いです。

22日、セレッソ大阪のホームスタジアムであるヤンマースタジアムで行われます!

 

対戦相手はすごいですよ!世界の頂点に立ったイニエスタを要するヴィッセル神戸なので、もうこれは見るしかないですね笑。

今回の移籍で騒がせましたし、ここの2チームの影響なのか例年以上に移籍市場は活発化しました。

 

セレッソにいた山口蛍がヴィッセルへ。ブーイングは間違いなくあるはず!大型移籍でヴィッセルへと加入したダビド・ビジャにも注目です。

王者川崎もいきなり!?

昨季も優勝ここ近年で一気に名前を挙げた川崎フロンターレも第1節からダービーマッチです。

FC東京との多摩川クラシコになりました。あまりにも面白い対戦カードです。一節からダービーマッチ、フロンターレからするとここ数年間で一番の難関になりそうです。

 

戦力はフロンターレの方が上と見ます。考え方を変えると代表よりも強い可能性もあります!タレントも豊富で間違いなく実力はフロンターレ。

ですが、ダービマッチになると何が起こるかわかりません。FC東京には久保建英選手が戻ってきました。チームの角になり得る存在ですし、チーム力はJリーグ上位のはず。

 

組織の川崎と個人の東京の構図になるのかなと。ただ、乗ってる時の川崎の攻撃は止めようがないのも事実です。

東京は慎重に試合を進めなければなりません。これはネックになるのではと予想します。

 

両チームのサポーターからしてみると絶対に落とせない試合ですが、試合がヒートアップしすぎるのも怖い。開幕早々にケガやカードを出さないように試合を進めてほしいところ。サポーター同士も衝突しないように気をつけて下さい。

スポンサーリンク

第1節の大会日程や組み合わせ

上記2試合はのぞき、ACLに参戦する浦和レッズはベガルタ仙台と昨季の天皇杯決勝カード、名門鹿島アントラーズは大分トリニータと激突します。

湘南ベルマーレは北海道コンサドーレ札幌との一戦になりました。ジュビロ磐田は松本山雅、ガンバ大阪は横浜F・マリノス、サンフレッチェ広島は清水エスパルス、サガン鳥栖は名古屋グランパスです。

 

2月の大会日程や組み合わせは、

2月22日今季開幕戦 セレッソ大阪ーヴィッセル神戸

2月23日

  • ベガルタ仙台ー浦和レッズ
  • 鹿島アントラーズー大分トリニータ
  • 川崎フロンターレーFC東京
  • 湘南ベルマーレー北海道コンサドーレ札幌
  • ジュビロ磐田ー松本山雅
  • ガンバ大阪ー横浜F・マリノス
  • サンフレッチェ広島ー清水エスパルス
  • サガン鳥栖ー名古屋グランパス

※左がホーム、右がアウェーにです。

開幕戦の重要性は高く、どこもバチバチ激しくやり合うと思います。

勝点3を積み上げそうなのは鹿島、札幌、G大阪、広島、仙台。昇格組はアウトが多いのが気になります。

 

浦和はスタメン次第で予想が覆るかなと、杉本の覚醒はまだかかると見てます、横浜は精神的支柱がいなくなったのが響きそう。

勝点1は川崎、東京、神戸、C大阪、磐田、松本、鳥栖、名古屋。どちらに軍配があがるかは微妙です。戦力はほぼ五分ではないかと思います。イニエスタの存在も昨季の様子だとそこまで怖くはないのではないでしょうか。

 

ここまでは予想しましたが、シーズンはここから始まります。今季もたくさんのドラマで魅了してくれるものと思ってます。

今季の優勝チームは?Jリーグの順位予想!

川崎が大本命で補強も的確でますます強くなります。

Jリーグの中では珍しくスタイルも確立しており、大崩れは予見できません。恐らく世界的に見てもここまで流動的なパスサッカーを展開するところもないはず、昨年はどれほどここの攻撃力に泣かされたことか‥。

 

このチームを上回るサッカーを展開できるチームがあるとは思えないですね!

負けることがあるとするならば疲労くらいでしょう。AFCチャンピオンリーグの日程次第。国内3連覇は現実的にすぐそこまで迫っているのでもう止めようがないですね。

 

ついで鹿島です。監督采配がどこまで当たるか次第です!

昨季よりも前述が浸透していれば、Jリーグでも優勝は十分に狙えます。

新主将となった内田篤人選手のリーダーシップにも期待です。小笠原選手引退の穴をどう埋めるのかに注目しなければなりません。

 

対抗には浦和と札幌でしょう。浦和は選手個々の能力が高く監督もオズの魔法使いと称される名将です。

代表監督でもおかしくないほどの実力者で、安定して上位に入りそうだと思います。

 

懸念材料は選手個々が曲者ぞろいなところですね。札幌は若手が多く監督の考えにマッチします。選手成長次第ですが、上に食い込むかなと思いますし、シーズンはこれからですね!

まとめ

今回は、

”20202月のJリーグの大会日程や組み合わせ・順位予想”

について紹介していきました。

 

チームの仕上がり具合で順位は大きく変動します!

これから長いシーズンが始まると何が起こるかはわかりませんし、名前が上がらなかったチームにも優勝の芽は必ずあります。

 

節度を守って好きなチームを一生懸命に応援してください!それがエネルギーになりますので!

スポンサーリンク