リーチマイケルの経歴プロフィール!プレースタイルや戦績・所属チームはどこ?

こんにちは!

 

今やラグビー日本代表の顔といえる選手はーーー、

そう、リーチマイケル選手ですね。

 

前回のワールドカップで、日本代表のキャプテンを務めました

そして今回も、キャプテンという大役を任されています。

見た目もさることながら、プレーでも引っ張る、本当に頼もしいキャプテンですよね!!

 

今回は、リーチマイケル選手のプレースタイルや戦績、所属チームなどの経歴プロフィールを紹介します。

スポンサーリンク

リーチマイケル選手の経歴プロフィール・所属チームを紹介!!

 

幼い頃から大学時代まで

リーチ選手は、ニュージーランドの南島で最大の都市、クライストチャーチ出身です。

ニュージーランド出身であの顔立ちなのは、お母さんがフィジー出身という理由があります。

そのお母さんがラグビーファンだったので、5歳でラグビーを始めました。

いかにもニュージーランド人っぽい理由ですね。

 

15歳のときに、札幌山の手高校の留学生として来日しています。

来日当時は今ほど体格が大きくはありませんでした。

ラグビーをしてきて一番辛かったことは、「高1のニセコ合宿」だったそうです。

対戦相手から、「あの外国人たいしたことないな」と言われたこともありました。

始めからスーパーな選手ではなかったのですね。意外です。

しかし、ホームステイ先がお寿司屋さんで、そこでたくさん食べさせてもらえたこともあり、3年間で立派な体格となりました。

 

高校卒業後は、東海大学に進学しています。

2年生の時に、ワールドラグビーU20選手権の日本代表に選出されました。

そして同じ年、2008年11月16日のアメリカ戦で、日本代表の初キャップを得たのです。

これがフル代表デビューですね。

4年生のとき、ラグビー部のキャプテンになりました。

今でこそキャプテンのイメージが強いです。

しかし当時のリーチ選手は、「自分はキャプテンに向いていないから、もう2度とやらない」と当時は思ったそうですよ。

 

 

社会人になってから現在まで

大学卒業後は、東芝ブレイブルーパスに加入しました。

ジャパンラグビートップリーグでは、ずっと東芝ですね。

東芝ブレイブルーパスのホームページのは、いろいろなデータが載せられています。

試合の前には、自分の部屋の掃除をするそうです。

ニックネームは「Reach」とのこと。

ーーーーーリーチ。同じやん。

 

スーパーラグビーでは、地元ニュージーランドのチーフスに加入しました。

2013年に1度加入しましたが、ケガで契約を解除されました。

しかし2015年に再び加入し、フォワードのリーダー格にまでなるほど信頼を勝ち得ました。

スーパーラグビーのチーフスの試合を何度か見たことがありますが、チームですごくなじんでいるように見えました。

元々ニュージーランド人なので当然なのですが。

 

2018年にチーフスを離れ、日本のサンウルブズに移りました。

チーフスが、若手に出場機会を与える方針に切り替えたという事情もあります。

しかし何よりも、次の年のラグビーワールドカップを見据えての決断でした。

 

日本代表では、エディー・ジョーンズ前監督に日本代表のキャプテンに指名されました。

2度とやらないと決めたキャプテンでしたが、史上2人目の外国出身の日本代表キャプテンとなったのです。

2015年のワールドカップ南アフリカ戦で引き分け狙いを避けた、いわゆる「ブレイブコール」は世界から賞賛されましたね。

 

大学の同級生と2012年に結婚しています。

初対面からしばらくは、リーチ選手からは話さなかったそうです。

シャイかよ。

 

2013年に、日本に帰化しました。

「マイケル・リーチ」から、「リーチマイケル」に変わったのです。

日本人の名前に「・」は使えないので、表記もこうなるのですね。

 

2015年、奥様と2人で「Cafe +64」をオープンさせました。

+64とは、国際電話のニュージーランドの国番号です。

テレビで度々このお店が紹介されています。

大きな体で食器洗いなどを手伝う、リーチ選手の姿が印象的でした。

スポンサーリンク

リーチマイケル選手の戦績を紹介!!

札幌山の手高校では、1年生の時からレギュラーになりました。

3年連続で冬の全国高校ラグビー選手権に出場しています。

高校日本代表にも選ばれていますね。

 

東海大学でも、1年生からレギュラーです。

大学選手権で準優勝1回、ベスト4進出1回の原動力となりました。

3年生の時の準優勝は、東海大学史上初めてのことでしたね。

 

東芝ブレイブルーパスでは、まず加入した2011-12シーズンに、トップリーグ新人王を受賞しました。

その後、ベストフィフティーンを5度も受賞しています。

まさにトップリーグの顔ですね。

東芝では優勝を経験していませんが、加入してから5年連続で3位以内に入り、安定した成績を残しています。

 

チーフスでは42試合に出場し、2016、17年と2年連続でプレーオフの準決勝に進出しています。

2015年には、チーフスのルーキーオブザイヤーに選ばれました。

 

サンウルブズでは、2020現在で8試合の出場にとどまっています。

しかし、チームのリーダー役という重要人物であることに変わりありません。

 

ラグビーワールドカップには、2011年と15年の2大会でメンバー入りしました。

どちらも4試合フル出場していますね。

そして、1トライずつ挙げています。

しかし何よりも、南アフリカ戦をはじめとして、2015年のワールドカップで3勝したことが最大の戦績であることは疑いようもありません。

リーチマイケル選手のプレースタイルは?

ポジションはフランカーまたはナンバーエイトで、いずれにしてもフォワード3列目です。

日本代表ではマフィ選手にナンバーエイトを譲り、大体は6番か7番ですね。

実際ラグビーワールドカップで出場した8試合はすべてフランカーでした。

 

フランカーというポジションは、球際で体を張ることが多いです。

ブレイクダウンでボールを奪い合ったり、ボールキャリーで相手に突っ込んでいったり。

 

特にリーチ選手は、ボールキャリーでの信頼が厚いですね。

実際2015年の南アフリカ戦での最後の攻撃、7フェイズ中3回もリーチ選手にボールが託されていました。

相手に突進してタックルで倒され、また立ち上がってボールを受け取り突進。

これを3回も繰り返していました。

しかも、試合終了間際です。

そりゃ信頼されるわけですよね。偉大なキャプテンです。

 

リーチ選手は190センチ110キロと、堂々たる体格です。

それでもランナーとしても優秀で、トライを取り切るスピードもあります。

 

この大きく発達した下半身が、リーチ選手のプレーを支えています。

スクラムで、ボールキャリーで、その筋肉が活躍してくれているわけですね。

まとめ

今回は、

  • リーチマイケル選手の経歴プロフィールや所属チーム
  • リーチマイケル選手の戦績
  • リーチマイケル選手のプレースタイル

を紹介しました。

 

今でこそ日本代表のキャプテンとして、リーチ選手は揺るぎない存在です。

しかし本人は、キャプテンをやりたくなかったとは意外ですよね。

 

本人は拒んでも、献身的なプレーぶりでチームを引っ張ることになります。

なので、チームリーダーとなるのは必然の流れですよね。

 

リーチ選手にとっては3回目、キャプテンとして2回目のラグビーワールドカップがやってきます。

リーダーとして、キープレーヤーとして奮闘するリーチ選手を、皆さん応援しましょう!!

スポンサーリンク