バタフライの第二キックのタイミングは?プッシュと上手く合わせる方法やコツも紹介!

水泳に関する参考画像

こんにちは!

 

ダイナミックなバタフライを泳いでみたいと思いませんか?

スクールに通っていたのかな?ときっと思われますね。

私はプールなどでバタフライを泳いでいる人を見かけると思わず見入ってしまうほど好きな種目ですし、男性も女性もかっこいいですよね。

 

日本の選手だと瀬戸大也選手が活躍していますね。短水路世界記録を保持している事を知っていますか?すごいですよね。

世界を相手にますます活躍して欲しいです。自由形とともにマスターすれば、大会でもっと活躍が出来ると思います。

 

そこで今回は、

  • バタフライの第二キックのタイミング
  • バタフライの第二キックのプッシュと上手く合わせる方法

について紹介します。

 

ぜひ、コツをつかみ得意種目となりましょう!

スポンサーリンク

バタフライの第二キックのタイミングは?プッシュと上手く合わせる方法やコツも紹介!

バタフライで重要な第二キックのタイミングについて紹介していきます。

バタフライの第一キックと第二キックの違い

バタフライの泳法は1回腕を回す間に、2回キックを打ちます。

 

第一キックと第二キックがあり、それぞれ動作が違います。

  • 第一キック→呼吸をした後、入水と同時に弱く打つキックの事。→エントリーの時
  • 第二キック→入水した後手をかきはじめる時(キャッチ、プッシュ)、顔をあげてくる時に強く打つキックの事。→プッシュの時

しっかりと進んでいるかどうか確認してみて下さい。

 

ここで推進力が確認出来ないとタイミングが合っていないので、自分の泳ぎを確認して下さい!

バタフライの第二キックのタイミングは?

では、今回バタフライの第二キックのタイミングについて紹介します!

第一キックで大きく前へ進んだ後、再び体を水面まであげていく第二キックを行います。

小さく蹴る→呼吸をすると、強いキックを打ち顔をあげてしまいますが、小さな幅でコンパクトに蹴るように意識して泳いで下さい。

 

足が浮き上がる前にキックを打ってしまいますが、第一キックを打った後に第二キックを打たないで、ストロークをしてみましょう。

この動作をすると自然に顔をあげると足が下がってきます。

 

この2つの動作がポイントで、タイミングを合わせてキックをすれば、スムーズな連動した泳ぎ方が出来ます。

 

第一キックのタイミングは体のうねりが出来ていれば、スムーズに水面に足があがってきた時です。

第二キックは第一キックが終わった後に体が最も水中に沈んだ時です。

このタイミングをつかんだ時に「1、2」とリズムをつかみながら泳ぐと前に進む感覚がわかると思います。

バタフライのキックで重要です。

 

キックの強弱、呼吸は第二キックの時にします。

浮き上がりのタイミングは第二キックで、第二キックを打つ前は1ストロークを行い、第二キックとプッシュを合わせ勢いよく浮き上がります。

スポンサーリンク

バタフライの第二キックのタイミングは?プッシュと上手く合わせる方法やコツも紹介!

次にプッシュと上手く合わせる方法とコツを紹介します!

バタフライのプッシュとは?

バタフライでのプッシュとは、手の水の中の動きの最後の動作の事です。

最後まで水を押し出すために腕を完全に伸ばした状態で行うことが重要です。

 

バタフライは左右対称な泳ぎのため、最後のプッシュ動作をやると水がとても重いためなかなか上手く出来ませんね。

バタフライを無理に泳いでいる人はよく肩を痛めると聞きます。

なので、後ろではなく外側に押し出すような感じでプッシュを行ってみて下さいというアドバイスになると思います。

第二キックがそのタイミングに合わせることが出来れば、大きい推進力が得られるので大事な動作です。

 

キックが最後まで打ててなかったり、体のうねりが出来ていなかったり、キャッチからプルの動作で上半身を動かしたりしていませんか?

思い当たる方はもう一度キックから再度練習をしてみて下さい。

あくまでも、

  • 肩周りが硬い人
  • 柔らかい人

その人によって後ろ側からか外側から押し出すか方法は違います。

自分の泳ぎに合ったアドバイスを参考に練習しましょう。

 

腰が反ってしまったり、プッシュで押し出す力やキック力も軽減の原因となるので、体をまっすぐにして、体幹強化をし、プルやプッシュの勢いを使ってリカバリーが出来るようになる事が大事だと思います。

最初の入水時に、しっかりと体重移動が出来ていると、第二キックとプッシュのタイミングで、前方に勢いよく飛び出せます。

第一キックに合わせて腕を入水し、その際手だけ前に伸ばすのではなく、第一キックに合わせて背中を丸めるようなフォームにすれば、体重移動がしやすくなります。

バタフライは両手両脚を同時に動かすので、重心移動を体で覚え、うねりの動作を身につけて泳いで下さい。

バタフライの第二キックのタイミングは?プッシュと上手く合わせる方法やコツも紹介!

バタフライを泳げる人の体つきにはとても特徴がありますね。

イメージは体が大きく、パワーのある人向きと私は思っていましたが、瀬戸選手のように泳ぎ方を研究してトップ選手として活躍しています。

体型だけで判断してはいけませんね。

 

タイプは、

  • 胸筋がものすごく発達していて、肩幅があり、太ももがかなり太いタイブ。
  • 体全体としては細く引き締まっていて、背筋がしっかりしているタイプ。

です。

 

腰まわりの筋肉や胸筋を鍛えたり、肩の体力をつけるトレーニング、チューブトレーニングをとりいれ、最後まで全力で泳げるようにしましょう!

頑張ってしまうと筋肉痛やケガの原因になるので、気をつけて下さいね!

 

バタフライを泳ぐためのポイントは、水をかく、キックを入れるタイミングがとても重要です!

そして力強いキックとリズムよく打つことが大事です。

まとめ

今回は、

  • バタフライの第二キックのタイミング
  • バタフライの第二キックのプッシュと上手く合わせる方法

について紹介しました。

 

わが家の娘をよく見れば、胸筋、肩幅、太ももまさにその通りの体型をしていますし、途中から体つきが変わりました。

いつの間にかバタフライ向きの体型になっていましたね。

 

小学校の時と中学校の時とバタフライの泳ぎ方が変わったと周りの人から言われました。

タイムもあがりバタフライが得意種目でした。練習をすると体型もどんどん変わってきます。

ダイナミックに泳げるようになると注目されますね。

 

一つ一つ動作の確認をして、更に自己更新出来るように、また泳ぎきれる体力をしっかりと作り、ケガをしないように練習して下さいね!

 

スポンサーリンク