【2019年最新】バタフライの世界記録は何秒?男子・女子の保持者や公式記録を一覧でまとめてみた!

水泳に関する参考画像

こんにちは!

 

長年バタフライと言えば、男子は松田丈志さん、女子は星奈津美さんでした。

お二人はオリンピック2大会で、それぞれ銅メダルを獲得しています。その後は瀬戸大也選手と池江璃花子選手ですね。しかし、池江選手は病気を公表し、治療に専念しています。

では、これからの日本のバタフライはどうなっていくのでしょうか?世界記録が今の日本の選手とどれくらいの差があるのか気になりませんか?

そこで今回は、

  • 2020版バタフライの世界記録
  • 男子・女子のバタフライ世界記録保持者や公式記録

を調べて見ましたので紹介していきます。

 

世界のバタフライの選手は、なぜか自由形も速いんです!

来年の東京オリンピックに向かってますます記録が更新しそうな予感です。楽しみですね!

スポンサーリンク

【2020最新】バタフライの世界記録は何秒?男子の保持者や公式記録一覧まとめ

さて、バタフライの世界記録は一体何秒でしょうか?まずは男子の公式記録を一覧でまとめて紹介します!

長水路の男子バタフライの公式記録

長水路50m男子☆アンドリー・ゴボロフ(ウクライナ)

2018年7月1日、セッテ・コツリ杯 22秒27

アンドリー選手は9年ぶりに50mバタフライの世界記録を更新しました。

スペインのラファエル・ムニョスが打ち立てた記録を0秒16塗り替えた記録です!

 

長水路100m男子☆マイケル・フェルプス(アメリカ合衆国)

2009年8月1日、ローマ世界水泳選手権 49秒82

マイケル選手はリオデジャネイロオリンピック終了時点でオリンピックメダルの通算獲得数28個、金メダルの通算獲得数23個となり、歴代1位の驚くべき記録を保持しております。

また、オリンピック1大会でメダル獲得数8個(アテネ・北京オリンピックでそれぞれ8個)というのも歴代1位タイ記録なんです!

しかも8個のメダルは全て金メダル!オリンピック1大会で8個の金メダル獲得も史上初の大記録です!24歳の時、高速水着時代の記録です。

 

長水路200m男子☆マイケル・フェルプス(アメリカ合衆国)

2009年7月29日、ローマ世界水泳選手権 1分51秒51

 

マイケル選手は最も200mバタフライが得意で、2001年3月に男子競泳史上最年少15歳9ヶ月で世界記録を更新し、12年間1度も保持者の座を明け渡さずに7度世界記録を更新した強者なんです!

これは競泳史上とても快挙な事です。

短水路の男子バタフライの公式記録

短水路50m男子☆シュテフェン・ダイブラー(ドイツ)

2009年11月14日、FINA World SwimmingChampionships(25m)カナダ 21秒80

シュテフェン選手は自身のタイム、22秒06からの更新記録です。

 

短水路100m男子☆チャド・ルクロス(南アフリカ共和国)

2016年12月8日、FINA World Swimming Championships(25m)カナダ 48秒08

チャド選手はロンドンオリンピックで200mバタフライ金メダルは、マイケル・フェルプス選手の3連覇を阻む金メダルでした。

100mバタフライは銀メダルを獲得しました。24歳の時の記録です。

2016年リオデジャネイロオリンピックでは、100mバタフライ、200m自由形それぞれで銀メダルを獲得しました。自由形も速いですね。

 

短水路200m男子☆瀬戸大也(日本)

2018年12月11日、世界短水路選手権(杭州)1分48秒24

https://twitter.com/daiya_seto/status/1072624496442519553

瀬戸選手は5年ぶりに世界記録を更新しました。日本人として嬉しい記録ですね!

パンパシフィック水泳選手権2014年、2018年200mバタフライで金メダルを獲得です。バタフライ、個人メドレーともに速いです!

スポンサーリンク

【2020最新】バタフライの世界記録は何秒?女子の保持者や公式記録一覧まとめ

続いて女子の保持者、公式記録を一覧でまとめて紹介します!

長水路の女子バタフライの公式記録

長水路50m女子☆サラ・シェーストレム(スウェーデン)

2014年7月5日、スウェーデン選手権(ボロース)24秒43

長水路100女子☆サラ・シェーストレム(スウェーデン)

2016年8月7日、リオデジャネイロオリンピック 55秒48

サラ選手は2016年リオデジャネイロオリンピックで金メダルを獲得です。

この大会で100mバタフライで金メダル、200m自由形で銀メダル、100m自由形で銅メダルと3つのメダルを見事獲得しました。

2017年には50・100m自由形で世界記録を樹立しています。なんて強さなんでしょうね!22歳で獲得しました。

 

長水路200m女子☆劉子歌(中国)

2009年10月21日、中国全国運動会(済南)

劉子歌選手は2008年北京オリンピックで、当時のジェシカ・シッパー選手を抑えて見事自己ベストを2秒以上更新し、2分04秒18の世界新記録で金メダルを獲得しました。

身長が181cmあり、体格に恵まれていますね。20歳の時の高速水着時代です。

短水路の女子バタフライの公式記録

短水路50m女子☆テレース・アルシャマー(スウェーデン)

2009年11月22日、FINA Swimming World Cup 24秒38
シンガポール

テレース・アルシャマー選手は20年以上に及ぶ現役生活、史上初となる6度目のオリンピックに出場しました。

国際大会で通算72個のメダルを獲得しています。32歳のの時の記録ですよ!凄いですね。

 

短水路100m女子☆サラ・シェーストレム(スウェーデン)

2014年11月7日世界短水路選手権(ドーハ) 54秒61

こちらは21歳の時の記録です。自由形でも世界記録保持者です。この選手も自由形が速いですね。

 

短水路200m女子☆ミレイア・ベルモンテ(スペイン)

2014年11月3日、世界短水路選手権(ドーハ)1分59秒61

ミレイア選手は個人メドレー、自由形、バタフライが得意な選手です。5つの短水路世界記録を持っています。リオデジャネイロオリンピックで200mバタフライ金メダルを獲得したスペイン初の女子競泳選手です。24歳の時の記録です。

持久走が持ち味のミレイア選手は自由形長距離でも力を発揮し、世界大会で数々のメダルを手にしています。

まとめ

今回は、

  • 2020版バタフライの世界記録
  • 男子・女子のバタフライ世界記録保持者や公式記録

を調べて見ましたので紹介しました。

 

一覧してみると、やはり世界のバタフライはとても速いのがわかりました。

その中で日本の瀬戸大也選手は素晴らしいですね!世界の選手はバタフライだけが速いのではなく、自由形や個人メドレーも速いことに気づきました。

 

オールマイティですね。それに1人の選手がメダルを獲得する数も多いです。

世界には長い間現役をしている選手が多いので、記録も凄いわけです。日本の選手は小さい身体でもバタフライでは勝負出来ています!

 

来年の東京オリンピックに向けて、日本の選手を応援するとともにこの機会に、世界のバタフライの選手にも注目して下さいね。

 

スポンサーリンク