平泳ぎの上手な足の使い方は?下手な人との違いや足が沈む時の対処法を紹介!

水泳に関する参考画像

こんにちは!

 

日本の平泳ぎはとても有名で平泳ぎと言えば、北島康介さんですよね。

オリンピックの金メダルシーンは何度見ても感動します。小柄な日本人が世界大会で、好成績を残せる種目です。

日本の水泳界にものすごい記録を残してくれたと思います。

 

平泳ぎは1番泳ぎやすいと言われてますが、速く泳ごうと思うとやはり難しくルールも細かいです。

なかなか前に進まないイメージがあり、わが子も苦戦しましたね。でも、フリーよりも平泳ぎが好きだったので多く泳ぎましたよ!

 

そこでわかった平泳ぎの泳ぎ方について今回は、

  • 平泳ぎの上手な足の使い方
  • 平泳ぎの下手な人との違いや足が沈む時の対処法

を紹介していこうと思います!

 

足の使い方など細かく練習をして、ひとかき、ひとけりの動作で速く進めるように頑張って泳ぎましょう!

スポンサーリンク

平泳ぎの上手な足の使い方

では、そんな平泳ぎの上手な足の使い方を紹介します!

まず上手にキックするには、足首をしっかりと曲げて足の裏で水を押し出すようにすることです。

そうすると力強く泳げるようになります。

 

続いて足の裏で水をつかんで蹴る感覚を身につけます。

キックの時、まずは足の裏で水をつかむことを意識します。最初は太ももがお腹に近づいても気にせず、慣れてきたらお腹に近づけなくても足の裏で水をつかめるようにします。

 

ストリームライン大事が非常に大事で、キックで大きな推進力を得ます。

キックの直後にきれいなストリームラインをつくり水の抵抗を少なくすることが大事です。意識して体をまっすぐに伸ばしましょう!

 

ドルフィンキックをイメージし脚全体を使ってしなやかに蹴りましょう。(水は足裏で蹴ります)

ドルフィンキックを打つタイミングは、スタートをしてひとかきひとけりをする前に打ちます。

飛び込みの勢いをひとかきひとけりに利用します。改定後は、スタート後と折り返し後に最初の平泳ぎの蹴りの前に、1回ドルフィンキックを打つことができるようになりました。

 

最後にスタートとターンについてです。

浮き上がりまでの間は、ひとかき、ひとけりのみのルールです。

それ以外の動作をすると失格になってしまうので、しっかりと覚えておきましょう!同時にこの動作で、いかに速く進めるかと練習しましょう。

スポンサーリンク

平泳ぎの下手な人との違いや足が沈む時の対処法

では、下手な人の足の使い方はどうなっているのでしょうか?

平泳ぎの下手な人の特徴

平泳ぎが苦手な人は、足の甲で水を蹴るあおり足になっていませんか?反則なので注意して下さいね。

 

そして足首を曲げようと意識しすぎて、太ももが立ちすぎてお腹との角度が狭くなっていませんか?太ももとお腹は角度を110~130度にキープしましょう。

また下半身が沈んでいませんか?あおり足が起こりやすくなります。けのび姿勢で身体を伸ばしましょう。

 

ひざ・股関節・足首の状態はどうですか?→ひざや股関節を柔らかく使って足を引きつけるので、泳ぐ前にストレッチをして十分ほぐして下さい。柔軟な身体が大事です。

 

平泳ぎの場合、推進力を100%とした時

  • ストローク⇒40%
  • キック⇒60%

の割合になりキックがとても重要ということです。

 

前に進まない人は足の裏だけで水を蹴ってしまい、脚全体を使ったキックが出来ていないことが原因です。

平泳ぎが下手な場合の足が沈む時の対処法

次に足が沈む時の対処法を紹介します。

平泳ぎが苦手だなと思う人に多いのが、息継ぎをすると体が沈んでしまうことです。

 

他の泳法に比べて平泳ぎは息継ぎのタイミングがとりやすいので長い時間をかけて息継ぎをしてしまうからです。下半身が沈んでしまうということは足も沈んでいますね。

続いてリカバリーの手の位置です。

リカバリーの手の位置が低いと体が沈みやすくなってしまいます。上体を起こしすぎや手のかきが弱いのも原因ですので、気をつけましょう!

 

グライド姿勢からだを伸ばす時、頭が上がっていると抵抗が大きくなり結果、下半身が下がって体が沈んでしまいます。

グライド姿勢で前に進むグライドキックの練習をしましょう!

平泳ぎが上手くなるために大事なこと

最後に平泳ぎの大事なこと&日本の選手について紹介します!

平泳ぎで最も大事なこととは、いかに水の抵抗を小さくするかということです。

 

泳法上腕と脚の動きはとても大きな抵抗を受けますがタイミングを合わせることで、速く効率のいい泳ぎができるようになります。

ストリームラインがしっかりとできているか、動きにブレがでてないか、確認しながら練習しましょう!

すっーと進んだ距離を身体で体感しましょう。自己ベスト更新と自信がつけばいいなと思います。

 

一つ一つ細かく目標をたてて、達成できればいいですね。練習した成果が結果にでれば嬉しいです。

現在、渡辺一平選手は200m平泳ぎの世界記録保持者です。

 

日本は本当に平泳ぎが強い国ですよね。毎回オリンピックの大会で、男女共にメダルを獲得しています。

彼は世界記録の更新、自己ベストを決意しています。今後も期待大です。注目して応援して下さい!力のある選手がたくさんいますので、今後が楽しみです。

まとめ

今回は、

  • 平泳ぎの上手な足の使い方
  • 平泳ぎの下手な人との違いや足が沈む時の対処法

を紹介しました。

 

もう1人のわが子のエピソードを最後に一つ紹介しますね。

わが子の場合体は柔らかいわりに平泳ぎは苦手で、前に進まないタイプです。コーチからも泳ぐなと言われて大会では泳ぎませんでした笑。

 

しかし、学校の顧問からメドレーリレーで泳いでみないかと言われ久しぶりに泳ぎました。

もともとのタイムは遅いですが、ほぼ自己ベストだったので、本人はビックリしてました。少し変化を感じたようで、その後は自信がつきましたね。

基本を身につけると、体はしっかり覚えているもので日々の練習は大事です。たまには違う種目を選ぶのもありかなと思ってしまいました。

 

日々の練習は厳しいですが、きっと結果に繋がりますよ!!

 

スポンサーリンク