ファンボード(ミッドレングス)が初心者におすすめな理由とは?意味や長さの定義を解説!

サーフィンに関する参考画像

こんにちは!

 

東京オリンピックにむけてサーフィン人口もこれからますます増えてきますね。

これからサーフィンを始める方、サーフィンしたいけど難しそうでなかなか踏み切れない方、そんな方におすすめなのが「ファンボード」です。

 

サーフィンをやる上で大切なのは波に乗って楽しむこと、波に乗れずにサーフィンをしてしまうとサーフィンが嫌になってしまいますよね。

ファンボードからサーフィンを始めると、上達のスピードは速くなります。

上達が早くなる理由は「多くの波に乗れるから」です。波に乗ることができるファンボードであれば、サーフィンの楽しさもすぐにわかるようになります。

 

そのファンボードを知ってもらうために今回は、

  1. ファンボード(ミッドレングス)が初心者におすすめな理由
  2. ファンボードの意味や長さの定義

について説明していきたいと思います。

私の経験をもとに紹介してしいきますので最後まで是非ご覧下さい。

スポンサーリンク

ファンボード(ミッドレングス)が初心者におすすめな理由

ファンボードはショートボードではテイクオフできない波でも、波に乗ることが出来てサーフィンを思う存分楽しむことができます。

波のサイズが無かったりする場合でもサーフィンができて、波に乗れる回数も必然的に増えてくるでしょう。

ファンボードの大きな利点

ファンボードの特徴として

  • ボリューム(浮力)が大きい
  • 安定感がある
  • テイクオフが早い

があります。

サーフボードの厚み、浮力がありパドリングが楽にできて、テイクオフもショートボードに比べると早いです。

 

ロングボードより操作性に優れているので波の横を走れたり、大きなターンを描くことも可能です。また、サーフボードの先端が丸みを帯びているので波に巻かれたとき(パーリング)にボードが折れにくい耐久性もあります。

私はショートボードの他にファンボードを1枚持っています。波のサイズがない時、ショートボードではテイクオフが難しそうと感じたらファンボードに変えてサーフィンをすることもあります。テイクオフがとにかく早く長く波に乗ることが出来ます。

ファンボードならサーフィンの楽しさがすぐわかる

サーフィンを始めたのはいいけど全然波に乗れない。サーフィンを始めた頃は、「サーフィンの苦しさや大変さ」を知る時期でもあります。

 

私も最初はショートボードで練習をしていましたが、ファンボードを知ったことによって波にこんなに早く乗れるんだと驚きました。

とにかくテイクオフがショートボードに比べると早くそれから1年くらいはファンボードでサーフィンをして練習していました。

 

ファンボードに乗ることによって浮力がショートボードよりある分、なにより「波に乗れた感覚」が早い段階で気づきます。ファンボードが「サーフィンの楽しさを」を教えてくれます。それがサーフィン上達のための近道になります。

ファンボードの欠点とは

ファンボードはテイクオフがショートボードより早く、ロングボードより操作性に優れていますが欠点もあります。

ボードの浮力がある分、波のサイズが上がったときに沖まで出られなかったり、波が割れるのが速かったりするとショートボードより操作が難しく波に巻きこまれてしまうことです。

 

波のサイズが大きくなると、ショートボードの方がボードの操作性に優れることもあります。

もちろんファンボードでも、こつさえつかめば「波が速く崩れてしまう」でもライディングすることは可能です。

スポンサーリンク

ファンボードの意味や長さの定義

ファンボードは別名、「ミッドレングス」と呼ばれています。

歴史的には1967年くらいからはじまった、ロングボードからショートボードへ変わる激動の中で180cm(6フィート)ほどのショートボードに落ち着くまでの変換期の間に出来ました。

ミッドレングスと呼ばれるサイズは、ショートボードでもロングボードでもない中間の長さのボードです。

ファンボード「ミッドレングス」の定義はショートボード超えのサイズ、195cm~260cmまでとなっています。

 

サーフィン歴史の中で進化の過程できたボードですので何か考え深いものもありますよね。

昔からあるボードですが、ここ最近注目度が上がっています。

ポイントは”大人な”サーファーに人気ということです。

 

もう何年も散々サーフィンをしてきている”大人”サーファーの方が「いろんなサーフボードに乗ったけどこれくらいが一番楽しい」ということで選ばれることが多くなってきています。

初心者の方にもベテランサーファーにも人気が高いファンボード、今後ますます海でお会いする機会も増えてきて個人的にファンボードのライディングを見れる楽しみでもあります。

まとめ

今回は

  1. ファンボード(ミッドレングス)が初心者におすすめな理由
  2. ファンボードの意味や長さの定義

について紹介しました。

サーフィンは波に乗れた回数分、サーフィンの上達のスピードに確実に比例します。

 

うまくなりたいのであればたくさんの波に乗らないといけません。

ファンボードがあれば波のサイズが小さくても波に乗ることが出来ます。結果、サーフィンを楽しむことが出来て波乗りを続けていけると思います。

 

ファンボードに乗って波に乗るという感覚を早く覚えられるよう練習しましょう!

 

スポンサーリンク